Archive for September, 2011

Our New Gadgets

Monday, September 19th, 2011

ただいまカナダ滞在中

今年の9月は、例年に比べて暖かいカルガリー。

Sunflowers

来週はまた25度以上になる日があるようですよ。

少し黄葉が遅くなるかな?

名残惜しい気持ちで、今年の夏に大活躍した小物を
旅行記の合間にちょっぴりご紹介しちゃいます。

Nescafé Dolce Gusto

▲たっぷり氷を入れて〜

Nescafé Dolce Gusto

▲アイスカプチーノの出来上がり♪

アイスカプチーノの他にも、ピーチ味のアイスティー、チョコチーノ(ホットチョコレート)
エスプレッソにラテマキアート・・・

アイス系のドリンクも含めて9種類のドリンクが楽しめちゃうのが、こちら。

 

 


ロンドンドラッグのセールで、カナダ価格にて$99だったかな?

 

 

Nescafé Dolce Gusto

▲今日はどれにしようかな〜♪
と、ディスクを選ぶのも楽しい瞬間。

色々なエスプレッソ、コーヒーマシーンがある中で、こちらのブランドを
選んだのは、一番高圧でミルクの泡立ちが一番というレビューを見たため。

噂通り、きめ細やかな泡立ちで、コーヒーもとっても美味!
ついついお家でのカフェタイムが多くなってしまう今日この頃。

Nescafé Dolce Gusto

 ▲このグラデーションがたまりません♪

 

Nescafé Dolce Gusto

▲キャラメルソースをかければ、
キャラメルマキアートの出来上がり。

 今年の夏、日本から来た家族も気に入ってくれました♪

そしてもうひとつ。

Fountain

▲ガーデンセンターで見つけた
ファウンテン。

サラサラ、チョロチョロと涼しげに流れる水の音が、
なんとも癒され、心が落ち着きます。
集中して読書をしていても、邪魔にならない静かな水のせせらぎ。

Fountain

▲ライトがついていて、
夜になると、これまた幻想的。

Fountain

▲ついつい、トトロや小鳥さんを飾ってしまう私でした。

毎日の生活の中で、些細な幸せがあると、それだけで
一日気持ちよく過ごすことができちゃいますよね。

この2つは、私の小さな幸せを作ってくれる新しい仲間になりました♪

Accommodations for the Family Trip

Sunday, September 18th, 2011

ただいまカナダ滞在中

いつ終わるのか検討がつかない夏の旅行記。
でも記録に残しておきたい(自己満足?)ので、お付き合いください。

ポーランド編が終了したので、今回からは
7月後半から12日間の日程で、日本からきた家族との旅行記です。

旅した場所は、シアトル⇒ビクトリア⇒カルガリー⇒バンフ⇒カルガリー 

まずは、旅行記恒例の宿泊先から。
狭い我が家でギュウギュウ詰めとなったカルガリー以外は、
皆でキッチン付き2ベッドルームのスウィートタイプへ宿泊しました。

全員で5名だったのですが、お部屋をとるとき、5名ってなかなか困る
人数なんですよね…。せっかくの家族旅行なので、同じお部屋に泊まりたいし
できるだけ、ベッドの数は多い方がいいし、と悩みながら予約しました。

シアトルでは、The Urban Oasisという、6人まで宿泊可能な
バケーション用のアパートメントで2泊。

The Urban Oasis -Seattle

▲マスターベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

 ▲もうひとつのベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

▲キッチンもとーっても可愛くて気に入りました。

The Urban Oasis -Seattle

▲バスルームもオシャレ。

The Urban Oasis -Seattle

▲リビングにはソファベッドもあるし、
海が見えるのも気持ちがイイ!

そして、Pike Place Marketまでも歩いてすぐ、という好条件のアパートメント。
階下には、おしゃれなカフェもあるので、朝ご飯を食べるのにぴったり。
おすすめのアパートメントです。

 

*******
 

そして、カナダはビクトリアでは、スウィートタイプのお部屋ばかりのホテル
Harbour Towers Hotel & Suitesにて1泊。

こちらもダウンタウンまで歩いてすぐ。
リビングも広々としていて、バスルームも2つ、ベッド数も多くてのんびりできましたよ。

Harbour Towers Hotel & Suites - Victoria

 ▲マスターベッドルーム。

Harbour Towers Hotel & Suites -Victoria

▲こちらはリビング。ソファベッド付き。

 

*******
 

そして、バンフで一泊ホテルをとろうと思ったのですが、
バンフだと少々割高になるので、キャンモアにしました。
大好きなGrassi Lakesがキャンモアだし、バンフまで車ですぐなのでバッチリ。

▲宿泊したのは、The Lodges at Canmore
カナディアンロッキーがすぐそこに見える
これぞカナダ!なロケーション。
※写真はこちらかお借りしました。

Lodges at Canmore
▲マスターベッドルーム。
奥には専用のバスルームもあります。
他にもう1部屋(2つのベッド)ともうひとつのバスルームがついていて
6人まで宿泊可能です。

Lodges at Canmore

▲キッチンとダイニングルーム。

カルガリーで下ごしらえしておいた夕食を、このキッチンで温めて
みんなで夕食をいただきました。

広々としたリビングには暖炉もついていたし、冷房もついていたし
こちらも家族で宿泊するのにオススメな一件です。

続きは、各都市で行ったところです☆

Tourist Attraction in Gdansk & Sopot

Tuesday, September 13th, 2011

ただいまカナダ滞在中

7月初旬に行った、ポーランドのグダンスク&ソポトの旅行記最終回です。

Gdansk

食べ物や教会など、自分の好きなことしか書いていませんでしたが
肝心な観光名所の写真でも。

 

Gdansk

▲こちらが黄金の門。
ルネッサンス様式の門は17世紀始めに完成。
この門から約300メートル、王の道と言われていて
昔は、ポーランド王の凱旋に使われたのだそうですよ。

Gdansk

 ▲王の道を歩いていくと、港町であるグダンスクの
シンボルである海の神の彫刻「ネプチューンの泉」がありました。

Gdansk

▲あいにくのお天気だったのですが、
雨宿りをしていると、演奏が始まりました♪

Gdansk

▲貿易で栄えた町、グダンスク。
一番左奥に黒く見えるのが、中世ヨーロッパ最大の
木製クレーン。・・・ってよく見えない。

Gdansk

 ▲私が一番気に入ったのが、グダンスクで一番美しいと
いわれる聖母マリア通り。

ドイツの哲学者ショーペンハウエルの生家もある、この聖母マリア通り。

バルト海名産の琥珀を扱うお店や、お土産屋さんが所狭しと
あるのですが、ディスプレイもとっても可愛いくて、
フラフラ歩くだけで楽しかったです。

Gdansk

Gdansk

 

********

 

そして、グダンスクから列車に乗って30分くらいかな?
ソボトという町にも行ってきました。

グダンスクが貿易の町なら、ソポトは観光地として栄え、今は
まさしく高級リゾート地という言葉がぴったりの町。

Sopot

▲メインストリートはものすごい混雑。

ソポトの見所は・・・

Sopot

▲「曲がった家」
外から見ると、歪んで見えるのですが、
内部は普通です。

Sopot

▲ヨーロッパで最大かつ最長の観光桟橋
ソポト桟橋。
約500メートルもある桟橋なんですよ。
そして有料です・・・。

Sopot

Sopot

ソポトへ訪れた日は、とーってもいいお天気だったので
バルト海を眺めながら、気持ちよく桟橋を歩くことができました。

さて、これで夏の旅行記・ポーランド編は終了。
家族旅行編へと続きます。