Archive for August, 2010

Pictures through Windows

Tuesday, August 17th, 2010

ただいまカナダ滞在中


**日本からきた母と母の友人との、中欧旅行の記録第6弾**
~中欧4都市
車窓からの景色編

やっと旅行記最終編までこぎつけましたぞ~。

最終章は、『世界の車窓』の雰囲気で、旅した四都市の車窓からの景色を。

今回の旅では、都市間の移動は飛行機や列車、そして各都市内では地下鉄やバスなど
本当にたくさんの交通機関を利用しました。

都市間の移動での列車では、盗難などの被害を防ぐために1等車を手配したり
各都市の交通機関では、便利でお得な回数券を買ってみたり。
その土地それぞれでバスや地下鉄に乗ってみるのって、そこで生活する人々に触れることが
できて楽しいですよね。

まずは、私たちがポーランドで暮らす街の近くの空港から、ワルシャワまで移動した
飛行機の中から撮った写真。

Poland

▲川が氾濫しているのが分かるでしょうか。
今年の夏、ポーランドを大騒ぎさせた洪水の影響。
空から眺めるとはっきりと分かりました。

おかげさまで、旅の間は、とくに洪水の被害を受けることはなかったのですが
今年ポーランドは、この洪水に随分と泣かされていたようです。

Poland

▲ポーランドのワルシャワからクラクフへ移動する汽車の中から。
線路沿いにはポピーの花が咲き乱れていて
可愛い景色を楽しむことができました。

Poland

▲牧歌的な風景がどこまでも続いていて
そのパッチワークの丘が見える景色は
まるで、北海道の美瑛のようでした。

続いてチェコ。

ポーランドからチェコへの移動は飛行機だったのですが、
機内の席に座った途端に眠りこけたので、写真なしでございます。

Czech

▲こちらはジャズボートクルージングしたときの
窓からの風景。
楽しかったなぁ~、このクルージングで見た景色は
一生忘れられないくらい美しかったです。

Czech

▲チェコはプラハの街中を駆け抜けるトラム。
小道を走ったり、古い建物のトンネルをくぐったり・・・外を眺めるのが楽しかった。
ちょうど滞在していた頃に、トラムの数駅が工事のために
乗り換えルートが一時的に変更になっていたりしたのですが
乗客の人に聞くと、ものすごく親切に教えてくれて大感激しました。

チェコからオーストリアへの移動は、列車にて。

アメリカからヨーロッパ旅行中というご夫婦と席が一緒になり
お喋りしながらの数時間。

そして、食堂車ではランチを食べてみましたよ。

From Prague to Vienna

▲わたしは日本でJRに乗って旅をする際、
その地域独特の駅弁を買って、ビール片手に景色を楽しむのが好きなのですが・・・。
ヨーロッパでそんなことはできません。

食堂車、考えてみれば初体験!
いい思い出になりました。

そしてオーストリアのウィーンでは、観光名所を回るバスにも乗ってみましたよ。

Vienna

▲降りたいところで降りて、しばらく観光したら
巡回している観光バスにまた乗れます。
車内では、日本語でのガイドもイヤホンで聞けるので便利でした。

そして車窓からの景色ではありませんが、ウィーンでのおまけの一枚はこちら。

Vienna

▲ウィーンの地下鉄駅国立オペラ劇場へあがるエスカレーター前にあるのが
このオペラトイレット。そう、オペラなお手洗いです。
前を通り過ぎると、ものすごいボリュームでクラシックが流れます!

さすが・・・というか、なんというか。

ヨーロッパでの公衆のお手洗いはだいたいどこでも有料なので
入りませんでしたが、用を足しながらも音楽を楽しみたい方はぜひトライしてみてほしいです。

ということで、長期に渡っての旅行記にお付き合いいただいてどうもありがとうございました!

CALPIS

Monday, August 9th, 2010

ただいまカナダ滞在中

旅行記を書いている間にも、新規レストランを開拓したり、あっちへ行ったり
こっちへ行ったりしている記事も書きたいと思いつつ…ついついblogをさぼりがちな
今日この頃であります。

ということで、ここで小ネタをひとつ。

ちょっと涼しすぎるカルガリーの夏を過ごしていても、暦上はやはり夏。
日本から持ってきた風鈴が、さわやかな風ととも軽やかに奏でる音を運んでくれたとき、
突如として飲みたくなってしまったのがコレ。

calpis

▲カルピス。
最近は紙パックなものが主流なようですが
やっぱりどうして思い浮かぶのは瓶!
と思うのは、昭和生まれなせいでしょうか。

トローリとした乳白色の液体をグラスに入れて、氷を多めに。
そこにお水を注ぐというプロセスも子供心には楽しいもので
暑い日の台所でなぜかコソコソ作ったのが懐かしい。

大人になってからも、居酒屋に行けばはじめの一杯はビールを楽しみ
2杯目はカルピス酎ハイなんて軟弱なものを頼んでしまったりする私なのです。

と、思いを巡らせてしまったが最後。

カルピスを飲みたい気持ちは止まりません。

日本にいれば、コンビニまで1分。すぐにカルピスウォーターなんて便利なものが
手に入るのでしょうけれど、ここでは全然便利ではないコンビニエンスストアに
置いてあるはずがなく。

またやってしまいましたよ、ネットでカルピスのレシピ検索。

そして、出来上がったのがこちらです。

Homemade CALPIS

▲ホームメイドなカルピス♪

作り方はいたって簡単でありました。

必要なものは、プレーンヨーグルトとお砂糖とレモンのみ。
湯煎をしてヨーグルトにしっかりお砂糖を溶かして、最後にレモンジュースを入れるだけ。

レシピを見て、砂糖の量に少々ひるんだので、ヨーグルトとお砂糖はオーガニックなもの用意して作成。

ちゃーんとカルピスが出来上がりました☆

原液さえ作っておけば、炭酸水で割ってもいいし、カルピスゼリーも母がよく作ってくれて大好きだったので
ゼリーも作ろう♪と小さな幸せを感じております(笑)。

ちなみに。

先日、カルガリーの居酒屋店、Izakaya Shibuyaに行ったときに
ドリンクメニューの中に偶然見つけたのが・・・

 

『Calpico』

 

カルピ・・・コ???

あれは本物なのでしょうか、それとも手作り乳酸菌飲料なのでしょうか。

マンゴフレーバーなどもあったので、気になっています。

What We Ate While Traveling

Sunday, August 1st, 2010

ただいまカナダ滞在中

**日本からきた母と母の友人との、中欧旅行の記録第5弾**
~中欧4都市食べ物編~

知らぬ間に、楽しかった旅行が終わってからすでに1ヶ月。
時が経つのが怖ろしく速いですね。

ウカウカしていたら冬になりそうなので、残りの旅行記の続きをば。
今回は写真整理をしているだけでお腹がグ~っと鳴ってしまう食べ物編です。

まずはポーランド。

P1020049

▲このテーブルは、Pandaの両親、そして叔母夫婦と
一緒に叔母宅でディナーをいただいたときの写真。

日本からゲストがくるということで、ポーランドらしく前菜からはじまってデザートまで
数え切れないほどのお料理が出てきました。

手前に見えるジャーに入っているワイン色の飲み物は、Blackcurrant(黒スグリ、またはカシス)のジュース。
ホテルの朝食ビュッフェでもいただいたのですが、母と母の友人はとってもこのジュースが気に入ったのだとか。
ここカナダのポーランド食材店でも入手可能なので、早速日本に送ったところです。

P1020104

▲ポーランドはスープの種類も豊富で、毎回レストランに入ると
ついつい迷ってしまいます。

この写真は、このブログでも何度か登場している「ジュレック」というライ麦を発酵させたスープ。
中にはソーセージやゆで卵が入っていて、日本のお味噌汁に似たお味です。

food6
▲こちらはヴィエリチカ岩塩坑へ行った際
近くのレストランで食べたランチ。

スープもサラダもボリュームたっぷりで、それだけでお腹がいっぱいになってしまいそうで
母と母の友人は、メインをシェアして食べていたほど。

ポーランドもカナダに負けず劣らず一人前の量が多いです。
ちなみにこの時頼んだスープは、定番のチキンスープ。
あっさりしたチキンのスープにヌードルが入っていておいしかったです。

food1
▲こちらはクラクフの
レストラン「Chłopskie Jadło」のお料理。
ここ
ではポーランドの伝統料理を食べさせてくれるのです。

母が頼んだロールキャベツ。もちろん食べきれずに次の日の朝食へ持ち越し(笑)。
一番下の私の大好物ビゴスにニョッキもお持ち帰りです。

真ん中左の餃子みたいなのは、ポーランド風デザート餃子で、中にはイチゴが入っています♪
これにサワークリームをつけていただくのですよ。おいしい。

P1020241

▲これは元ローマ法王ヨハネパウロ二世が愛したといわれているケーキ。
パイ生地の中にクリームがたっぷり詰まっていて、美味です。
ヨハネパウロ二世の生まれ故郷「Wadowice」へ行くバスの中でかぶりつきました。

旅行中は外食が続くのは嬉しいことなのですが、やはり続くとつらいですよね。
ポーランドのクラクフでは、アパートメント滞在だったので、キッチンで食べたいものを
作ったりもしましたよ。

food2
▲母が日本から持ってきてくれたPanda好物のラーメンは、
備え付けのスープ皿でむりやり食べたり。
シナチクまで一緒に持ってきてくれたのです、ありがたーーい♪


他にも、ご飯党のわたしのためにお湯を入れて待つだけで食べられるインスタントなわかめご飯とか。
日本のおいしいお漬物や納豆味噌汁などもスーツケースに入れて運んできてくれたので、しあわせでした。

ソーセージやチーズ、お野菜や果物を買い込んで、簡単な夜食を食べたり。

キッチンがあると、本当に便利ですなぁ。

そしてお次はチェコ。

P1020382
▲チェコといえばビール!
チェコではお水よりビールの方が安いのであります。
さすがピルスナー原産地。

food3
▲こちらはプラハ城内のレストランで食べたランチ。

チェコも食べ物がとってもおいしい。味付けもくどすぎずシンプルなので
日本人の口にあうような気がします。デザートも甘さ控えめでおいしい♪

food5
▲歩きながら食べるアイスクリームもおいしくいただきました。

food4
▲こちらはジャズボートクルージングでいただいたお料理。
船の上で食べるディナーっていうのは、なんとも贅沢気分になって
いいものでしたよ。

そして最後はオーストリア。

P1020559

▲ウィーンといえばコレです。
ザッハトルテ♪

カフェに入る度に頼んでしまうほどおいしかった。

Pandaがえらくザッハトルテを気に入りまして。
オーストリアでお料理の本を購入してきたので、作ってみようと企んでいます♪

food7
▲さすがに日本食が恋しくなったので、日本食レストランにも
お世話になりました。母のお誕生日をお祝いしたのも日本食レストランにて。

海外で食べる日本食は、しみじみと胃に染み渡ります。

それにしても本当によく食べた旅行でした。
旅行中は誰よりも人一倍食べる母を横目に、確実に遺伝子を引き継いでいるな・・・と
実感してしまったのでありました。