Archive for the ‘Berlin’ Category

Berliner Mauer

Sunday, June 28th, 2009

ただいまカナダ滞在中

カナダへ帰国する途中でベルリンの壁を見てきました。

社会主義だった東ベルリンの真ん中に、孤島のようにあった資本主義の西ベルリン。
その西ベルリンをぐるりと取り囲むように建てられたのがベルリンの壁です。

世界史に疎い私は、
西ベルリンが東ベルリンの中にあったことすら知らず
(隣り合っていて西ドイツと東ドイツの国境沿いかと思っていた)
Pandaに呆れられてしまうのであった。

いまだにベルリンでは西と東の経済状況は違うようで
東側に行くと、思わず身構えてしまうくらい…殺伐としたスラムのような雰囲気を感じました。
一人だったらちょっと身の危険を感じて歩けない感じです。

ベルリンの壁が取り壊されてから今年で20周年。
壊された壁の一部をベルリンの数箇所で見ることができます。

まず私たちが足を運んだのが、イーストサイドギャラリー。

Berlin Wall at Eastside Gallery

ここでは内外のアーティストが描いた絵がほどこされていて

約1.3キロに渡って、壁が記念碑として残されています。

Berlin Wall at Eastside Gallery

Berlin Wall at Eastside Gallery

イーストサイドギャラリーからすぐ見えるのが、オーバーバウム橋。

Oberbaumbrucke

映画「ラン・ローラ・ラン」を見たことある方いるでしょうか。
あの画期的なアイデアで撮られた映画、おもしろいのでおすすめです。

「ラン・ローラ・ラン」で主人公が走り抜けたのが、このオーバーバウム橋。
ユニークな見た目ですよね。




次に向かったのが、ポツダム広場。

壁崩壊後に急速に開発が進められたこの地域では
近未来的で斬新なビルがたくさんあり、高さ3.6メートルの壁がなんとも小さく見えます。

Potsdamer Platz

Berlin Wall at Potsdamer Platz

Berlin Wall at Potsdamer Platz

Potsdamer Platz

▲道路にはベルリンの壁があった位置に
しるしが付けられていました。

20年前と今、ベルリンに住む人にとっては大きな変化だったことでしょう。

街を歩きながら、歴史の重さを肌で感じました。

ポツダム広場から歩いて数分で辿り着くのが
米国の建築家ピーター・アイゼンマンが手がけた「ホロコースト記念碑」。

ナチスによって大量虐殺されたヨーロッパのユダヤ人犠牲者のための記念碑です。

歩いていて突然広がるこの不思議なエリアに、ちょっとビックリ。

Memorial to the Murdered Jews of Europe

▲2711基の石碑で格子構成されています。
とても不思議な空間。

そして、最後に到着したのがパリ広場にあるブランデンブルク門。

Brandenburg Gate

▲ベルリンのシンボルです。
門の上にはクアドリガ(四頭馬車)と女神ヴィクトリアが君臨。

ベルリンの地下鉄の窓にも、ブランデンブルグ門がモチーフとして
使われていました。

Berlin U-Bahn

実は旅行中、ひとつデジタル一眼レフが故障…。

せっかく色々景色を撮ろうと思っていたのに、
この記事の写真はコンパクトデジタルカメラで撮りました。

直るかな~、直るといいな。

Click here for the English version…

There is No Place Like Home

Thursday, June 25th, 2009

ただいまカナダ滞在中

ただいま!カルガリーに無事到着しています☆

sushi

▲帰ってきて直行したのは
我がコンドミニアムの隣にあるテイクアウトのお寿司屋さん。
歩いて1分でお寿司を買えるなんて・・・あぁ、なんて便利なんだ。

今日はうちから歩いて3分のベトナミーズレストランで
久々のBunも食べてご機嫌です。うふふ。

日本、ポーランド、カナダと3カ国で暮らしてみて、
しみじみと考えさせられるのは

どんな国にもすばらしい長所と呆れてしまう短所があって、
その中で、自分は何に妥協することができてどうやって日々の不満を受け入れ
毎日をハッピーに過ごすか・・・ということ。

私にとってカルガリーは、誰とでも言葉がスムーズに通じ、アジア人だからってジロジロ見られない。
そして、各国の食を手軽に入手できるという点が長所だと思います。

どんな場所も住み慣れてしまうと、ついつい文句が口をついちゃうのだけれど
どこに暮らしたとしても、自分なりにうまく適応して楽しく暮らせたらいいな。


去年の10月にカナダを発ち、日本へ3ヶ月滞在しその後ポーランドに渡って・・・
考えてみたら8ヶ月ぶりの我が家でした。
1週間先にカナダ入りしていたきれい好きな義父が掃除機をかけておいてくれたり、
自転車を直しておいてくれたり、車の中も外もピカピカ、バルコニーの掃除までしてくれていて、
家の中は大変快適。
でもものすごく久々で、何をどこに置いてあるのかさえ覚えていない自分が情けない。

笑ってしまったのが到着早々見た我がコンドミニアムのエレベーター内の告知。



『明日朝9時から午後4時まで水道工事で水が出ませ~ん』



思わずPandaとスーツケースを片手に苦笑い。
ポーランドで水が止まるのには慣れたつもりでいたけれど、
到着翌日に水が止まらんでもいいではないかっ。



*************************


さて、いつもポーランドからカナダ入りする場合は
車でベルリン入りし→フランクフルト→カルガリーと経由して帰ってきます。

大抵ベルリンで一泊しても、まともな観光をする時間が取れないことが多いのですが
今回は早めにポーランドを出国してゆっくり滞在を楽しむことができました。

berlin1

▲西ベルリンの目抜き通りであるクア・フュルステンダム通り
いつもここの通りにあるホテルにステイしています。

red currant

▲ホテルの近くのスーパーで買ったレッドカラント(房スグリ)。
ホテルからのウエルカムワインと一緒に☆

今年はベルリンの壁崩壊から20周年ということもあり
記念にベルリンの壁を見てきましたよ。

ベルリン観光編は次回記事にしたいと思いまーす。

今日は空っぽの冷蔵庫を埋めるため、たっぷり食料買出ししてきてクタクタ。
おやすみなさーい。

Click here for English version…

やっと新年のご挨拶

Friday, January 18th, 2008

みなさん、あけましておめでとうございます。

年が明けてからうっかりすっかりご無沙汰しておりましたが、昨晩無事カルガリーに舞い戻ってきました。

なんだか色々ありすぎた1ヶ月のホリデー。

何から書いていいのかさっぱりわかりませんが、こうやって無事にカルガリーの自宅からブログをアップできることが何より幸せに感じます。

ポーランドはジェヴォボに滞在していたときの記事でとまっていましたが、その後1週間の義母宅でクリスマスを過ごしました。

tree.jpg

▲5日間ほどの滞在でしたが一緒にツリーの飾りつけをしたり。

xmas dinner.jpg

▲親戚宅でクリスマスパーティがあったり。

sushi.jpg

▲お寿司を握ったり。

veges.jpg

▲ショッピングしたり。
クリスマス前はどこもかしこも大混雑。

cheese.jpg

▲たくさんのチーズが売っているのには
やっぱり感激。

そして結婚祝いのパーティも開いていただき、たくさんギフトをもらってきました☆

そしていざ、日本へ!

airport.jpg

▲フランクフルト空港はクリスマスの飾りつけでとっても綺麗でした。

german beer.jpg

▲空港でドイツビールにパスタを食べて腹ごしらえ。

日本での2週間の滞在は本当にあっという間でした。

tatami room.jpg

▲2年ぶりの日本でのお正月。
やっぱり実家は落ち着くなぁー。
なぜか相方Pandaも、日本の実家が一番落ち着くと言ってしみじみとお茶をすする。

osechi.jpg

母のおせち料理や冬のおいしい手作りのお漬物『にしん漬け』と『いずし』。

そしてつきたてのお餅や、母の手作りラーメンといったお正月ならではのご馳走に舌鼓を打ったり。

ra-men.jpg

札幌在住のmtcさん等のブログで見てはよだれを垂らしていた
餃子とラーメンライスもしっかり食べてきました。

shrine.jpg

▲初詣にも行ってきました。

omikuji.jpg

▲二人そろって小吉だった。
ん?女難に注意?

tachi.jpg

▲高校時代の友人たちと再会。
食べたかったおいしい『たちぽん』にありつけました。
すごく新鮮で薄いピンク色だったの。
お口の中でとろ~り溶けて、ミルクのようでした!

家族とゲームを楽しんだり、買い物三昧したり、友人たちと会ったり。時間が経過するのが本当に早くて、やっぱり2週間じゃぜんぜん足りないっ!

最後の3日間は、不幸ながら相方Pandaはノロウィルスに侵されてしまい、滝のような嘔吐(本当に滝なんだってば!)と数分おきのトイレに苦しめられてしまいました。こんなにしつこくて憎憎しいウィルスに遭遇したのは初めてです。かわいそうだったー。

母の手際よい殺菌掃除や、義兄(近親にお医者さまがいるっていうのはとてもありがたいです)の素早い診察と投薬に助けられ、なんとか回復しドイツへ。

カナダからちょうどヨーロッパ入りした義父とベルリンで落ち合い、相方の体調の大事をとってベルリンで2泊。

berlin2.jpg

西ベルリンの目抜き通りである『クア・フュルステンダム』にてホテルステイでした。ここはベルリンを代表するショッピング街。高級ブティックやカフェ、レストランが立ち並び、とても華やかでした。しかもただいま冬のセール真っ只中。でもスーツケースは満杯(涙)。

berlin.jpg

▲時差ボケのために、早朝から目抜き通りをお散歩。
朝は人が少なくて、気持ちよかったな。

義父と新年をお祝いしてディナーを楽しみながら、東西ドイツの違いから、カナダの東西の違い、ビジネスの話も弾み、ゆったりと充実した2泊3日でした。

そしてポーランド入りし、ドタバタと荷物をまとめてあっという間にカルガリー。

しばらくは洗濯大会、巨大な4つのスーツケースの荷解き(ちなみに、飛行機遅延のためスーツケースは今晩到着予定)、そして日本から送った5つほどの段ボールを整理する毎日になる予定。うげ。

2007年は旅行もたくさんしたし、結婚もしたし、楽しい想い出がいっぱいだけれども、なんだかワタワタと落ち着かない一年でした。

2008年、しばらく飛行機は遠慮したいな…。カナダでゆっくりしたいけれど、今年は厄年なんだなぁー。

今年の全体目標は

『謙虚に、着実に、健康に、毎日を楽しく生きる』

といったところでしょうか。

小さな具体的目標としては、

  • 永住権取得手続きをすんなり終わらせる
  • 暖かくなったらヨガレッスンを再スタート
  • 家のインテリアや壁色をマイナーチェンジ
  • 週末の朝は近所の川沿いでお散歩を楽しむ
  • お菓子のレパートリーを増やす

ま、こんなところでございます。

さーて、やっとみんなのブログをゆっくりと徘徊できるぞーい♪

みなさんも健康でたくさん笑ってハッピーな一年になりますように。