Archive for the ‘Alberta’ Category

Accommodations for the Family Trip

Sunday, September 18th, 2011

ただいまカナダ滞在中

いつ終わるのか検討がつかない夏の旅行記。
でも記録に残しておきたい(自己満足?)ので、お付き合いください。

ポーランド編が終了したので、今回からは
7月後半から12日間の日程で、日本からきた家族との旅行記です。

旅した場所は、シアトル⇒ビクトリア⇒カルガリー⇒バンフ⇒カルガリー 

まずは、旅行記恒例の宿泊先から。
狭い我が家でギュウギュウ詰めとなったカルガリー以外は、
皆でキッチン付き2ベッドルームのスウィートタイプへ宿泊しました。

全員で5名だったのですが、お部屋をとるとき、5名ってなかなか困る
人数なんですよね…。せっかくの家族旅行なので、同じお部屋に泊まりたいし
できるだけ、ベッドの数は多い方がいいし、と悩みながら予約しました。

シアトルでは、The Urban Oasisという、6人まで宿泊可能な
バケーション用のアパートメントで2泊。

The Urban Oasis -Seattle

▲マスターベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

 ▲もうひとつのベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

▲キッチンもとーっても可愛くて気に入りました。

The Urban Oasis -Seattle

▲バスルームもオシャレ。

The Urban Oasis -Seattle

▲リビングにはソファベッドもあるし、
海が見えるのも気持ちがイイ!

そして、Pike Place Marketまでも歩いてすぐ、という好条件のアパートメント。
階下には、おしゃれなカフェもあるので、朝ご飯を食べるのにぴったり。
おすすめのアパートメントです。

 

*******
 

そして、カナダはビクトリアでは、スウィートタイプのお部屋ばかりのホテル
Harbour Towers Hotel & Suitesにて1泊。

こちらもダウンタウンまで歩いてすぐ。
リビングも広々としていて、バスルームも2つ、ベッド数も多くてのんびりできましたよ。

Harbour Towers Hotel & Suites - Victoria

 ▲マスターベッドルーム。

Harbour Towers Hotel & Suites -Victoria

▲こちらはリビング。ソファベッド付き。

 

*******
 

そして、バンフで一泊ホテルをとろうと思ったのですが、
バンフだと少々割高になるので、キャンモアにしました。
大好きなGrassi Lakesがキャンモアだし、バンフまで車ですぐなのでバッチリ。

▲宿泊したのは、The Lodges at Canmore
カナディアンロッキーがすぐそこに見える
これぞカナダ!なロケーション。
※写真はこちらかお借りしました。

Lodges at Canmore
▲マスターベッドルーム。
奥には専用のバスルームもあります。
他にもう1部屋(2つのベッド)ともうひとつのバスルームがついていて
6人まで宿泊可能です。

Lodges at Canmore

▲キッチンとダイニングルーム。

カルガリーで下ごしらえしておいた夕食を、このキッチンで温めて
みんなで夕食をいただきました。

広々としたリビングには暖炉もついていたし、冷房もついていたし
こちらも家族で宿泊するのにオススメな一件です。

続きは、各都市で行ったところです☆

Manga Made Me Miss Canadian Rockies

Sunday, June 5th, 2011

ただいまポーランド滞在中

今読んでいる漫画。

それは

『「岳」 みんなの山』 著:石塚真一

【送料無料】岳(7)

【送料無料】岳(7)
価格:550円(税込、送料別)

日本アルプスで、山岳救助隊ボランティアとして山で生活する主人公と、
登山者(時には遭難者)や、山小屋の人々などとの交流を描いています。

毎回胸がジーンとするストーリーばかり。
山で起こる壮絶な事故の怖さを目の当たりにする一方で、
山の雄大さ、美しさを再認識してしまいます。

どうやら先月、映画が公開になったとか。

この漫画を読んでいると、ムショウに山に行きたくなります!
高い山は体力的にも登れませんが、海辺に滞在している今
恋しくなるのは、カナディアンロッキー!

去年の8月に懲りずに行った、大好きなGrassi Lakeの写真をブログ記事にしていなかったので
これぞチャンスとばかりに、カナディアンロッキーを想いながら記録しておきます。

Grassi Lake, Canmore

確かこの日は、いつもとは違ったアングルからGrassi Lakeを撮ろうと
Pandaと二人でしゃがんだり、岩に登ったりして写真を撮りました。

Grassi Lake, Canmore

Grassi Lake, Canmore

Grassi Lake, Canmore

Grassi Lake, Canmore

Grassi Lake, Canmore

息をのんでしまうほどの美しさ。
ここに来ると心が軽くなる、わたしにとってのパワースポット。

海もいいけど、山もやっぱりいいなぁー。

flowers
▲山で見る植物たちは、なぜかとっても健気に見えます。

Grassi Lake, Canmore

Grassi Lake, Canmore

▲そして可愛らしい小動物に会えるのも楽しみの一つ。

Grassi Lake, Canmore

▲チョーダイ!チョーダイ!

Grassi Lake, Canmore

▲食べ物キャッチ!

Grassi Lake, Canmore

▲モグモグモグモグ
(ベールを被った彼女については謎)

Grassi Lake, Canmore

▲漫画の中でもロッククライミングの描写が
沢山出てきますが、Grassi Lakeもロッククライミングのスポットとして
有名で、多くのクライマーが頑張っています。

Grassi Lake, Canmore

▲リスも登ってます。

Grassi Lake, Canmore

帰りは、ロッキーの山々を眺めながら下りました。

夏にカナダに戻ったら、真っ先に行きたいGrassi Lake。
待っててねー。

Troll Falls

Thursday, August 27th, 2009

ただいまカナダ滞在中

先週、カナナスキスにあるTroll Fallsという滝を目的地にハイキングへ行ってきました。

往復たった3kmのトレイルなので、ハイキングと言っていいのか
わかりませんが(笑)。

でもとっても暑い日だったので、滝や川の音を聞きながら歩くというのが
涼しい気持ちになってなかなか良かったです。

Troll Falls Trail

▲トレイルは平坦で歩きやすい。
初心者向けです。

Mushrooms - Troll Falls
▲やたらとキノコがたくさん。

Troll Fallsのtrollとは、北欧の伝説に出てくる洞窟や地下に住む
巨人や小人のこと。

そんな不思議な生き物が出てきてもおかしくなさそうな
ごつごつとした岩が不思議な形を作り出していました。

Troll Falls

▲滝の周りの岩壁をよじのぼると
滝に接近できるのですよ。

Troll Falls

▲滝の周りの洞窟部分に入っていくと
上の岩からポタポタと水が漏れてきて冷たい。

Troll Falls

▲滝を見ていると、すっきりすがすがしい気持ちになります。
心の中のものが、勢いよく水で流されていく感じ。

どうしても滝の裏側に行って写真を撮りたかったのですが
それをするには、川を渡らなければならない。

でも橋もなければ、ジャンプして渡れそうな岩場もない。

ふーむ、と悩みながら少し下流に下がっていくと・・・・

Bridge - Troll Falls

▲あった!今にも壊れそうな橋!
写真じゃわかりませんが、滝のふもとなので
水流は激しいのです。

Pandaには『本当に行きたいの?落ちたらどうするの。』と言われたものの
冒険心がうずくので挑戦。

わたし『もし万が一私になにか起こったらさ・・・』

Panda『わかった、Umiのママとお姉ちゃんに最後の言葉I love youって伝えておくよ』




って、自分はまったくやる気のないPandaに見送られ、
ちょっとビクビクしながらも橋を渡り、茂った木々を潜り抜け
足がぐちょぐちょになりながらも川向こうへ行くことに成功したわけです。

Troll Falls

▲ものすごい勢いの滝のしぶきを受けながら
満足げに写真を撮るわたし。

ハイキングに来ていた他の人たち(特に子供たち)から
『どうやってそっちに渡ったのー?』と羨望の声とまなざしを向けられて
ちょっと得意げ。

Behind the Troll Falls

▲滝の向こう側で叫ぶキッズたち。

トレイルは簡単ですが、滝に到着すると岩をよじのぼったり
ちょっとした探検ごっこができるので、
子供心に戻ってアドベンチャー気分を味わいたい方にオススメです。

楽しかった!

おまけは車で向かう途中に居た野生動物。
雌と子供のビッグホーンシープ。

Bighorn Sheep ewe

▲食べるのに夢中。

※『朝時間.jpのワールドモーニングフォトクリップ』 、朝食中の野生動物を更新しました。