Accommodations for the Family Trip

September
18th

ただいまカナダ滞在中

いつ終わるのか検討がつかない夏の旅行記。
でも記録に残しておきたい(自己満足?)ので、お付き合いください。

ポーランド編が終了したので、今回からは
7月後半から12日間の日程で、日本からきた家族との旅行記です。

旅した場所は、シアトル⇒ビクトリア⇒カルガリー⇒バンフ⇒カルガリー 

まずは、旅行記恒例の宿泊先から。
狭い我が家でギュウギュウ詰めとなったカルガリー以外は、
皆でキッチン付き2ベッドルームのスウィートタイプへ宿泊しました。

全員で5名だったのですが、お部屋をとるとき、5名ってなかなか困る
人数なんですよね…。せっかくの家族旅行なので、同じお部屋に泊まりたいし
できるだけ、ベッドの数は多い方がいいし、と悩みながら予約しました。

シアトルでは、The Urban Oasisという、6人まで宿泊可能な
バケーション用のアパートメントで2泊。

The Urban Oasis -Seattle

▲マスターベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

 ▲もうひとつのベッドルーム。

The Urban Oasis -Seattle

▲キッチンもとーっても可愛くて気に入りました。

The Urban Oasis -Seattle

▲バスルームもオシャレ。

The Urban Oasis -Seattle

▲リビングにはソファベッドもあるし、
海が見えるのも気持ちがイイ!

そして、Pike Place Marketまでも歩いてすぐ、という好条件のアパートメント。
階下には、おしゃれなカフェもあるので、朝ご飯を食べるのにぴったり。
おすすめのアパートメントです。

 

*******
 

そして、カナダはビクトリアでは、スウィートタイプのお部屋ばかりのホテル
Harbour Towers Hotel & Suitesにて1泊。

こちらもダウンタウンまで歩いてすぐ。
リビングも広々としていて、バスルームも2つ、ベッド数も多くてのんびりできましたよ。

Harbour Towers Hotel & Suites - Victoria

 ▲マスターベッドルーム。

Harbour Towers Hotel & Suites -Victoria

▲こちらはリビング。ソファベッド付き。

 

*******
 

そして、バンフで一泊ホテルをとろうと思ったのですが、
バンフだと少々割高になるので、キャンモアにしました。
大好きなGrassi Lakesがキャンモアだし、バンフまで車ですぐなのでバッチリ。

▲宿泊したのは、The Lodges at Canmore
カナディアンロッキーがすぐそこに見える
これぞカナダ!なロケーション。
※写真はこちらかお借りしました。

Lodges at Canmore
▲マスターベッドルーム。
奥には専用のバスルームもあります。
他にもう1部屋(2つのベッド)ともうひとつのバスルームがついていて
6人まで宿泊可能です。

Lodges at Canmore

▲キッチンとダイニングルーム。

カルガリーで下ごしらえしておいた夕食を、このキッチンで温めて
みんなで夕食をいただきました。

広々としたリビングには暖炉もついていたし、冷房もついていたし
こちらも家族で宿泊するのにオススメな一件です。

続きは、各都市で行ったところです☆

2 Responses to “Accommodations for the Family Trip”

  1. ミキ6 Says:

    スーテーキね〜〜
    海外旅行といってもホテルばかり。、アパート滞在というもの
    経験なし だから憧れるわーん
    ロッキーの山を見て、キルティングのカバーのベッド
    すごくカナダっぽい

  2. UMI Says:

    >ミキ6
    ね、ザ・カナダ!でしょ。
    キャンモアは朝起きて外に出ると、どどーんとカナディアンロッキーが
    そびえ立っていて、それはそれは迫力満点だったよ。
    アパートは朝食付きじゃないのが難点だけれど、ゆっくりできて
    おすすめです♪

Leave a Reply