Archive for February, 2011

Blind Purchase with No Regrets

Friday, February 25th, 2011

ただいまカナダ滞在中

普段あまり計画をたてて買いものに行くというよりは、フラフラと行って、ビビビと来たものを買うタイプ。
これを人は衝動買いと言ったりしますが、あまり後悔はしたことありません。


カナダの場合、家に持って帰って気に入らなければ、気軽にポンポンと
返品できちゃうせいかもしれません。

お洋服も好きなブランドはあるけれど、特にこだわりはなく、
意外なところで掘り出し物を見つけるのが楽しかったりしちゃうのです。

で、言い訳が長くなりましたが。

Pandaに連れられて行った、カルガリー第2店目となるApple Storeで見つけてしまったのが
Kate SpadeデザインのiPhone4のカバー。

Kate Spade iPhone4 cover

日本だったら、たくさんたくさん可愛いiPhone4のカバーがあるのだと思いますが、
カナダでは、なかなか気に入るカバーを見つけられなくて、「それなりの」カバーを付けていました。

私の好きなKate Spade、そいでもって可愛い!とくれば
迷わずに買うのであります!

じゃないと、すぐ売り切れちゃうのもカルガリー。

Kate Spade iPhone4 cover

▲しかも、縁取りがあざやかな水色なのも憎い。

毎日毎日持って歩くものなので、カバーをお気に入りのものに代えただけで
使う瞬間の幸せ度が違うのだから、我ながら単純。

見る度、使う度に、イヒヒ・・・とにやけています。

ラブリーなiPhoneを握り締めて向かったのは、Pandaがカナダ滞在中に
必ず訪れるお店のひとつ、A Ladybug Bakery and Cafe.

すっかりレジの店員さんにも顔を覚えられ、今回もおいしいクレープにワッフルを
食べてきましたー♪

写真はiPhoneアプリで撮ったものたち。

Ladybug Cafe - Calgary

▲私が頼んだのは、クスクスがおいしいTABOULIサラダ。

Ladybug Cafe - Calgary

▲ゴートチーズとトマトのクレープ。

Ladybug Cafe - Calgary

▲紅茶はアールグレイをチョイス。
ポットとカップがこれまた可愛い。

Ladybug Cafe - Calgary

▲Pandaはいちごとラスベリーのワッフル。

二人でボーっと読書をして、まったりとした午後でありました。

Bedroom Wall Decoration

Thursday, February 24th, 2011

ただいまカナダ滞在中

うちのベッドルームはコンドミニアム仕様なので、小さいのでありますが
少しでも心地よい空間にしたくて、ちょっぴり壁に色を塗ってみました。

壁の色を塗るのは、バスルーム、リラックスエリアに引き続いて三箇所目。

年末年始に、いままで壁に付けていた棚を取り外して、新しい棚を取り付けたり
ベッド横に備え付けていたサイドテーブルを移動して、新しく棚を取り付けたりしました。

それ以前の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、
年末年始の棚取り付けが終わったところがこんな感じでした。

Wall Painting - Bed Room

▲壁を塗る直前の様子。
壁の白い部分は、以前の棚を取り外したときに出来た穴を
修復したので、なんだか非常に殺風景。

今回塗ったのは、ベッドの背面となる壁、一面のみ。

私が全面的に信頼を置いているセンス抜群のお友だちに相談して
決めた色は・・・

Wall Painting - Bed Room

▲落ち着いた渋めのグリーンティー色とでもいいましょうか。
「Spring’s Waking」と色をチョイス。

Wall Painting - Bed Room

▲壁一面だけなのに、随分と雰囲気が変わりました。

Wall Painting - Bed Room

▲年末年始に替えたばかりの、ランプシェードのダークブラウン
そして取り付けた本棚の色や、シャンパンゴールドの鏡とも
色がマッチしてくれました。

でも、本棚の上がちょっと寂しくて、絵でも飾ろうかと思ったのだけれど
しばし考えて、木の葉に舞っていただくことに。

Wall Decoration

Umbraのウォールデコレーションです。

Wall Decoration

▲思い切り季節とは逆行して秋を感じさせる壁ですが。
面白い感じになって、なかなか気に入っています。

Bedroom

▲夜の読書タイムはこんな感じです。

壁塗りも3回目ともなると、だいぶ慣れてきましたよ。

Wall Painting - Bed Room

▲壁を塗る前には、コンセントのパネルを
取り外します。

日本にいたら、こんな工具を使うことなんてほとんどなかったよなぁ。

Wall Painting - Bed Room

▲塗り終わってパネルを戻せば、色移りもなく綺麗な仕上がり!

それにしても光の加減や角度によって、かなり印象の違う色ですなぁ。

そして、今回の壁のペイントをお手伝いしてくれた友人が、
なんとうちのお向かいのコンドミニアムに引っ越してくることに♪♪♪

今までもそれなりにご近所だったのですが、スーパーご近所に!やった!

壁も塗り替えるということで、お手伝いしに行ってきました。

painting
▲リビングルームは、うちのベッドルームと同じ色なのですが
23階という日がたっぷり当たるお部屋のリビングで見ると
またかなり違う雰囲気になって素敵!

ということで、友人のお部屋が家具を配置して、どんな風に
引越し完了するのか楽しみです♪

Our Dinning Room

Tuesday, February 22nd, 2011

ただいまカナダ滞在中

最近すっかり壁のペンキ塗り生活を送っています♪

我が家のベッドルームにはじまり、お友だちの引越し先のペンキ塗りにも参加したり。
壁がきれいな色に塗り替えられていくのって、楽しいですよね!

そんな楽しい様子をブログにもアップしようと、久々のインテリアカテゴリー更新です。

が、しかし。

ペンキ塗りのネタの前に、ずーっと更新していなかったダイニングルームを模様替えしたときの
写真があったので、アップしておきまーす。(もう1年前くらいの話なんですけど・・・)


ダイニングルームは、キッチンすぐの場所に設置していました。


▲ダイニングエリアはこんな感じだったのです。

ここを、グリーンリラックスエリアに模様替えしたために、
ダイニングルームはこちらのワークスペースに移動しました。


▲ビフォー

もともと、ワークスペースとして使っていたこちらのスペース。

窓もあるし、キッチンからも近いので、ここをダイニングエリアにすることに決定。

P1010827

▲アフター
家具に合わせて、カーテンを取り付けました。
お客さんが5人以下の場合、テーブルは小さいままに。

以前作り替えた椅子のクッションカバーも・・・


▲ビフォー

P1010828

▲アフター
また新たに縫ってみました。

なんでしょう、この一定期間すると湧き上がってくる模様替えしたいムズムズ感。

特に、ショッピングモールChinook Centre内に最近オープンしたこちらのお店を覗くと
ムズムズ感が増幅されてしまうのです。

shop
▲フレンチティストのお洋服からリネンに食器、インテリアが勢ぞろいの
Anthropologie』。
なにもかも、カラフルでちょっと個性的でむちゃくちゃ可愛い。

どこかで見たことのあるショップだと思ったら、以前Pandaとシアトル旅行に行った際に
入って「こんなお店がカルガリーにもあればなぁー」って思ったお店でした。

なんと、カナダにはエドモントン、カルガリー、トロント店しかない様子。

Anthropologie

見ているだけで癒されます。

そしてムズムズ・・・ムズムズ。