Archive for November, 2010

Afternoon Tea Potluck Party

Monday, November 29th, 2010

ただいまカナダ滞在中

1ヶ月も前の出来事なのですが、なかなかブログを更新する時間がなくって
そのままに・・・。他にもお料理教室やパン教室の写真がまだまだあるのですが、
まずは、こちら。

お友だち宅で、ポットラックのアフタヌーンティーパーチーがありました。

Afternoon Tea Potluck Party

▲お家のインテリアや食器がとても素敵なので、
どこかのホテルのランチ&デザートバイキングの気分♪

紅茶好きのお友だちが淹れる、おいしい紅茶をいただきながら
ちょっとした軽食やデザートを持ち寄っての、ほんわか楽しい時間になりました。

Afternoon Tea Potluck Party

▲パン教室の先生が持参してくれたのは、
パンプキンの形をしたパン!
な、な、なんてかわいいんだ・・・。

ちょうどハロウィン前だったのですが、こういう季節のものがあると
気分が上がります。

Afternoon Tea Potluck Party

▲キッシュやグラタンなど、お皿いっぱいに
取ってしまうのであった。

私が持ち寄ったのは・・・

Afternoon Tea Potluck Party

▲ポーランドのフレッシュソーセージを茹でて。

Afternoon Tea Potluck Party

▲玉ねぎ、トマト、バジルで煮込んだ
義母直伝のレシピ。

もちろんデザートもありますっ!

Afternoon Tea Potluck Party

▲4stにも新しくできたSunterra Marketのスイーツたち。

Afternoon Tea Potluck Party

▲そしてお友だちお手製の抹茶のパンナコッタ♪

幸せ~~~。

すっかりお腹がいっぱいになりました。

ポットラックは、自分は一品しか作らないというのに
こんなに贅沢な思いができるので、やめらないのであります。

Nevada Christianson

Wednesday, November 24th, 2010

ただいまカナダ滞在中

それはまだ、こんなに凍えるほど寒くなる前の11月初旬のお話。

チャイナタウンで、友人たちと飲茶ランチを楽しんだその帰り道。
ちょうどArt Centralというアートギャラリーやアートスタジオが入っている
建物の横を通り過ぎた時のこと。

窓越しのギャラリーに飾られている絵がとても素敵で、一度通り過ぎたのに
再度戻り、思わず立ち止まって凝視。

ギャラリーの絵に魅せられるなんて、滅多にないのだけれど、
こういう心のアンテナって大切にしたいもの。

フラフラと吸い寄せられるようにAXIS CONTEMPORARY ARTというアートギャラリー
に入ってしまいました。

数々の作品が飾られていて、どれも私が好きな自然をモチーフにしたモダンアート。
色合いも明るくて、作品からはハッピーなイメージが伝わってくる。

表面がツルツルした加工も独特で、ギャラリーの真っ白な壁に、綺麗な色がとても
映えて、それはそれは素敵だったのです。

Nevada Christianson

▲写真じゃ分からないかもしれませんが、
180cm ×90cmもあって、とーっても大きいのです。

他の作品たちを見てみると、富士山のような山もあるし、「あれれ?」と思って
説明を読んでみると・・・

november2010

どうも18世紀の日本に居た良寛(りょうかん)の禅的な生き方や、和歌に影響を受けたのだとか。

あぁ、やっぱり私の日本人の遺伝子がビビビと働いたわけだ。
カナダにいても、私の心に響くのはやっぱり日本テイストなんだなぁーと、こっそり笑ってしまいました。

西洋の人が描く、日本。
ギャラリーのスタッフさんと一緒に白熱して作品の素敵さを語ってしまったのでした。

Nevada Christiansonの作品、ぜひ入手して家に飾りたいところだけど
お値段は30万円とか、そんな感じ。

無理。

でもでも。いつか大きなお家に住むことがあったら、ぜひ購入したいと思わせる作家さんでした。
いつの日か、きっと。


Nevada Christiansonの作品は、11月29日までAXIS CONTEMPORARY ARTに展示中。

My Own Small Trip to Seattle

Wednesday, November 24th, 2010

ただいまカナダ滞在中

シアトルへ、一人旅してきました。

My Own Small Trip to Seattle

氷点下のカルガリーから、プラスの気温のシアトルへ!と冬コートの中でも
薄手のものを選んで行ったのが大間違い。

最終日にはまさかの雪。
シアトルでも珍しい寒さだったのだとか。

『一人旅』ですが、意味深なことは何もなく。

今回は観光目的ではなく、とある研修のためのシアトル訪問。
自由時間はほとんどなかったのですが、最終日にフライトまで少し時間が
取れたので、凍えながら街をブラブラしてきました。

My Own Small Trip to Seattle

シアトル美術館(SAM)でちょうどピカソを展示中ということだけは
調べておいたので、まーったり一人で楽しんでみたり。

シアトルは3回目なのですが、やっぱりついついお決まりの場所へ。

My Own Small Trip to Seattle

▲スターバックス第一号店。

シアトルといえば、やっぱりシーフード。お寿司は1日目の夜に食べたので
何か違うものを食べようとPike Place Marketへ。

おいしいサンドイッチが食べられるお店があるよ、と聞いていたので探して
入ってみました。

My Own Small Trip to Seattle

▲新鮮なアラスカサーモンが、ど~んと
入っていて、おいしかった!

一人で、旅先を歩くなんて久しぶり。

話し相手がいないのは、つまらないものだけれど、
行きたいところにフラフラと彷徨うことができて、特にショッピングが
楽しいですなぁ。

同じ北米といっても、アメリカにはあってカナダにはまだ入っていない
ブランドとかたくさんあるんです。

そんな口実を作りながら、J.Crewでお買い物をしたり。

My Own Small Trip to Seattle

Macy’sもアメリカならでは。

やっぱりアメリカは都会の匂いがプンプンします。

今回の研修で出会ったアメリカ在住の人にしてみると、
カナダの方がオシャレのイメージなのだそうな。

隣の芝生はなんとやらですね。

そうそう、ダウンタウンや空港にFireworksというとーっても可愛い雑貨店があるのです。

前回シアトルに来た際に、このお店で買おうかどうか迷って結局買わなかったものがありまして。
今回もまだ置いてあったということは、買った方がいいってことだなぁーと勝手な判断を下し
持ち帰ってきたのがこちら。

My Own Small Trip to Seattle

▲フラワーライトです。
これはミニチュアローズって書いてあったのだけれど
なんだか桜っぽくも見えたりして。

My Own Small Trip to Seattle

▲どこに飾ろうか迷ったのですが、
とりあえずはグリーンの壁のリラックスエリア
優しい光を放ってくれています。

ダイニングテーブルに花瓶に入れて飾って、食事中にキャンドル代わりに
光を灯してもいいかな~、なんて考え中。

ということで、カルガリーに戻ったら雪はたっぷり積もっているし氷点下30度だし
外に出て、息をしただけで凍りつきそうであります。

できるだけ外には出たくないのだけれど、冷蔵庫がからっぽだよ、どうしよう。