Archive for July, 2010

Finally Home

Sunday, July 25th, 2010

ただいまカナダ滞在中

無事カナダに戻ってきています。

時差ぼけに悩まされたり、Pandaが風邪をひいたり、私が体調を崩したりしている間に
あっという間に時間が過ぎ去っていきました。
※時差ぼけ中に撮ったカルガリーの朝焼け風景を『ワールドモーニングフォトクリップ』へアップしましたので
お時間ある方は見てみてくださいネ。

やっと二人とも本調子になってきまして、通常営業スタート。

Waffle Breakfast

▲ビタミンをたっぷり取りたくて
朝からフルーツをわんさか用意して
今日の朝食はワッフルに。

他にもセロリや、ポーランド食料品店で買ったチーズやハム、生ハムなども
一緒に用意。焼きたてワッフルと一緒に食べるとおいしいのであります。

Waffle Breakfast

▲食べては、焼いて、食べては焼いて☆
熱々を食べるのがワッフルの醍醐味。

朝から出来立てのワッフルとフルーツをモリモリ食べて、かなり幸せな気分になりました。
やはり、おいしいものを食べるだけで元気になりますな。

その後、Prince’s Island Parkで開催されているフォークソングフェスティバルをチラリと見に、会場までお散歩。

Bow River

▲炎天下の中、屋外でのライブフェスティバル。
陽気なフォークソングが聞こえてきて、
これまた楽しい気分に♪

Bow River

▲今日は何度まで上がったのだろう?
Bow Riverには川下りを楽しむ人がたくさん。
いいなぁー、わたしも川下りしたい。

P1020814

▲寒冷地仕様の私には、やっぱりエアコンがほどよく効いた
カフェでアイスクリームというのが一番…。

Pandaと二人、アイスを食べながらのーんびり本を読んでまったりと。

そういえば、旅行記が終わっていないではないですか!
ボチボチまた更新していきます☆

Time to Go Back Home

Monday, July 12th, 2010

た だいまポーランド滞在中

毎日ぐったり汗だくになるほど暑い日が続いておりまして、
バルト海のビーチは足の踏み場もないほど、バケーション中のみなさんで
満員御礼の毎日。

みなさん、日焼けしたいのは分かるけれど。暑くないのかしら。

暑いのと、人ごみが苦手な私は苦しい毎日であります。
夏は心底苦手であります。

カルガリーのカラリと乾いた空気が、恋しくなってきたので
そろそろお家に帰ろうかと。

その前に、穏やかな人のいない早朝にビーチに行って
まったり涼んでまいりました。

Baltic Sea

▲ちょうど朝の7時くらい。
ビーチにはジョギングをする人や
早起きのおじさまが数人いる程度。
日差しはすでに結構強い。

Baltic Sea

▲波もほとんどなく穏やかで
足を入れるとひんやりしていて
気持ちイイ。
透き通った海水を眺めると心が洗われます。

Baltic Sea

Baltic Sea

▲次回ポーランドにいつくるかは
まだまだ未定なので
しばしのお別れです。

Baltic Sea

旅行記はまたカナダに帰ってから綴りますね。

Music Cities

Thursday, July 8th, 2010

ただいまポーランド滞在中

**日本からきた母と母の友人との、中欧旅行の記録第4弾**
中欧4都市音楽を愉しむ編

街のどこからか音楽が聴こえてくると、「あぁやっぱりヨーロッパだな~」と思います。
自分が見ている風景や歩いている人達と、奏でられている音楽がしっくりくるとでもいうのでしょうか。

Czech - Jazz Boat Cruising

思わず心軽やかになって、足取りも音楽にテンポをあわせてみたりしちゃうわけです。

私はクラシックに詳しい訳では全くないのですが、小さな頃から母が毎朝かける音楽がクラシックだったので
タイトルはわからなくても耳に馴染んでいるとでもいうのでしょうか。

特にポーランドのショパン、ウィーンのモーツァルトは心地よくて好きであります。

そんなわけで。
今回の旅行では、4つの都市すべてで素敵な音楽を楽しむことができました。

まずはワルシャワ。
ちょうど今年はショパン生誕200周年という記念すべき年。

Krakow

▲街のあらゆるところにピアノが設置されていたり。
ショパンの音楽が聴けるベンチが設置されていたりしましたよ。

また、夏の間の毎週日曜日にワジェンキ公園で開催される
野外ショパンコンサートにも行ってきました。(無料なところがまた素晴らしい)

Cbopin - Warsaw

▲時々吹くサワサワとした風の音や、控えめな小鳥のさえずりが
ショパンの名曲の数々を盛り上げてくれました。

Cbopin - Warsaw

▲ショパン生誕200周年を記念して、今年の3月に改装されたばかりの
ショパン博物館。かなりハイテク仕様になっていましたが・・・
正直、改装前の方が良かったかな。

Cbopin - Warsaw

▲ショパンの心臓が収められている
聖十字架教会にも行きました。
また、ショパンがオルガニストをしていたという
ヴィジトキ教会も訪れましたよ。

続いてクラクフ。

クラクフに到着した日、街をフラフラと散策しているときに見つけたのが
聖ペテロ聖パウロ教会で開催される管弦楽コンサート。

Krakow

▲美しい教会の中でのコンサート!
母の『行ってみたい!』という一声ですぐにチケットを購入(笑)。

演奏中の写真は残念ながらありませんが、楽器の音が教会独特の響き方でハーモニーを奏でて
とても素敵でありました。

お次はチェコ。

チェコでもいろいろな教会でコンサートが開かれていたのですが、ふと目に留まったのが
ジャズボートクルージング

Czech - Jazz Boat Cruising

20時半のまだ明るい時間から、日が落ちていく様子のプラハの絶景を眺め、生のジャズ演奏を聴き、
カクテルやコースディナーをいただきながら、という23時までのなんとも贅沢なクルージング。

運よく打ち上げられた花火を見たり、2階席に出ればこんな風景が。

Czech - Jazz Boat Cruising

Czech - Jazz Boat Cruising

クルージングだと、普通の観光では見られないような風景も垣間見れて
のんびり ゆったりモルダウ川からの景色を楽しむことができました。

そして最後の都市、ウィーン。

ウィーンというと、モーツァルト、ベートーヴェン、ヨハン・シュトラウス、ハイドン、シューベルト…
数々の音楽家を生み出した都市。

Mozart - Autstria

▲引越しの多かったモーツァルトだそうですが
ウィーンで唯一現存するモーツァルトハウスにも
立ち寄りました。

この住居にて、「フィガロの結婚」を作ったと言われています。

Mozart - Autstria

▲モーツァルトハウスから眺める景色。
モーツァルトも同じ景色を見て作曲したのかしら。

クラシックやオペラの質の高さは世界トップクラスと言われるウィーンで、
コンサートを聴かないわけにはいきませぬ。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は残念ながらスケジュールがあいませんでしたが
世界最高という揺るぎ無い肩書きを持つ演奏会場『ウィーン楽友協会』のコンサートホールで
素晴らしい演奏を楽しむことができました。

Mozart - Autstria

▲中世のコスチュームに身を包んだ演奏者たち!
ウィーン・モーツァルト・オーケストラ です。

Mozart - Autstria

▲どれもこれも名曲ばかりでうれしくなります。
もちろん、オペラも一緒に楽しむことができます。

Mozart - Autstria

▲最後はもちろん『ラデツキー行進曲』。
会場全体が一緒になって手拍子で演奏に参加しました。
演奏後はこの通り、全員がスタンディングオベーション!

ちょうどこの日は、母の誕生日でした♪

ウィーンでお誕生日を迎え、そして世界最高といわれるコンサート会場にて
名曲の数々を聴けて、本当に良かったね~。

私にとっても忘れられない素晴らしいコンサートでした。

コンサートチケットは、当日現地でも手軽に購入可能です。
これから中欧へ行かれる予定の方、下手に日本の旅行会社を通して
高いお金を払いませんよう、ご注意くださいませ。