Archive for April, 2010

Wall Painting

Tuesday, April 13th, 2010

ただいまカナダ滞在中

カルガリー、やっぱり雪が降りました。

4月だっていうのに、先週いきなり暴風雪が吹き荒れ、その後はぐずぐずと
変なお天気で、今日はずーっと雪模様。

朝時間.jpのワールドモーニングフォトクリップ』にて、雪が積もった朝の風景を
更新していますので興味のある方はご覧ください。

_DSC0090-2

▲せめてチューリップでも飾って
春らしく。

さてさて。

我が家のインテリア改造計画がはじまって久しいのですが。
念願だった壁のペイントをスタートしました。

ずーっと壁の色を変えたかったものの、我が家はアホみたいに天井が高くて
壁を塗り替えるとなると、巨大なハシゴが必要なもので「危険だから」の一言で
却下されていたのですが。

「長い棒を使えばなんとかなるのでは?」なんてアイデアが出てからというもの
一気に計画が進みました。

Painting Tools

▲伸縮する棒やテープなど、ペイントに必要な小道具一式を
えっさほいさとお買い物。

先月、Pandaがカナダにいる間に模様替えを済ませておいたので、
あとは各部屋の壁の色を考えて塗るだけなのですが。

その前に、いろいろと下準備が必要なのでした。

まずは、模様替えをすると必ず出てくるのが、こういうところ。

Painting Tools

▲壁に飾っていた絵などを取り外して移動すると
こうやって穴がバッチリ見えちゃうのですよね。

_DSC0073-2

▲こんな道具たちを使って、穴を隠してしまいます。

Painting Tools

▲1日乾かして、しっかりとやすりをかけて平坦にすれば終了。
この上から色を塗ってしまえば綺麗に隠れちゃいます。

そして、壁の色選び。

Painting Tools

▲サンプルをもらってきて、色々選ぶのですが…。
これが大変!

今回まずは手始めに、天井が低いバスルームからスタートしようと思っていて
バスルームはラベンダー色♪と決めていたのですが。

紫色といっても、たーくさんの種類があって、迷う迷う!

ようやく決めたのは「Touch of Violet」という名の色。
薄いすみれ色にしてみました。

Painting Tools

最近、お引越しをして壁の色を全部塗り替えたという、センス抜群の
お友達がヘルプにきてくれることになり、二人で早速ペイントスタート!

床や天井との境目や、ドア、棚や鏡との境目にはテープを貼って、
トイレにはカバーをかけて、それが終わってやっと塗り始めです。

Painting Tools

▲細かい部分は、小さなブラシを使い
広いところはローラーで。

まずは1回塗って乾かしている間に、二人でランチタイム♪

_DSC0091

▲チキンと海老のインディアンマドラスカレー。
ココナッツミルクが入ったカレーとサラダの簡単ランチ。

そして2回目のペイントが終わって乾かす間は、デザートタイム♪

Crape

▲柚子ソースを巻いたクレープに
ハーゲンダッツのバニラアイス。

食べているんだが、ペイントしているのだが分からなくなってきましたが。

しっかり壁が乾いてテープを剥がしたら完成!!

お友達が丁寧な作業をしてくれたおかげで、細かいところも綺麗に塗れていて感激!

今週は、また別のお部屋をライトグリーンに塗る予定です。

完成写真は、また別途ここで報告していきまーす!

Easter 2010

Thursday, April 8th, 2010

ただいまカナダ滞在中

こちらカナダでは先週金曜日から月曜日まで、イースター休暇でした。

去年のイースターは、ポーランドに居たのでしっかりとイースターらしいことを
したのですが、今年はPandaもいないしカナダに居るので
カナダらしいイースターを過ごしましたよ。

まずは家の中にイースターの飾りつけを少々。

Easter 2010
▲ニヒルな笑いを浮かべる
ひつじのチョコ。
これはポーランドにいる義母から送られてきたもの。

Easter 2010

▲イースターバニー。
草むらみたいに、モコモコで気持ちいいです。

Easter 2010

▲メェ~~~~。

Easter 2010

▲バスルームのドアには
ガラス製のイースターエッグを。

イースターは、カナダでは家族が集まってお食事をすることが多く
だいたいはハム等がメインに出てくるのが通例。

今回お呼ばれしたのは、最近可愛い赤ちゃんが誕生した友人宅。

フレンチカナディアンなご主人がおいしいターキー焼いてくれると大評判なのです。

ターキーというと、どちらかというとサンクスギビング(感謝祭)のメニュー
なのですが、おいしいもの食べられるなら、そんなこと全然気にしません。
この噂のターキーディナーをとっても楽しみにしていました!

Easter 2010

▲到着すると、すでに綺麗にテーブルセッティング済み。
ターキーが焼きあがるまで、みんなでお酒とお喋りを楽しみながら
チーズやシュリンプカクテルなどをつまみました。

Easter 2010

▲待ちきれず、キッチンを覗くと。
きゃ♪ターキーのあらわな姿が!

ターキーはスタッフィングといって、中にいろいろな詰め物をして焼き上げます。
これは、焼きあがってスタッフィングを取り除いた後の姿でございます。

Easter 2010

▲肉汁で、グレービーソースを作成中のご主人。
キッチンでお料理をしてくれる旦那さまって心底羨ましい。
この日のすべてのメニュー、彼が用意しているのですよ。

Easter 2010

▲お腹をすかせて、いただきまっす!!!

いままでターキーというと、パサパサしていて「おいしい」と思ったことは
そんなにないのですが。

お世辞抜きで、噂以上においしかったのです。感激!

お肉がしっとりしていて、スタッフィングの塩加減やグレービーソースも本当においしい。

みんな、食べるのに夢中になりガツガツガツガツいただきました。
おいしいターキーの皮の取り合いもしつつ、ワインも進んで楽しかったなぁ。

Easter 2010

▲デザートはこちら。
イタリアの鳩の形をした
伝統的なイースターのお菓子『Colombia』。
日本人×イタリア人夫妻の手土産です。

Easter 2010

▲イタリアのものって、なんで全てがおいしいのでしょう。
フワフワでパンのようなケーキ。チョコとクリームが入っていて
一人でパクパク完食しちゃいそうに危険なおいしさ。

Easter 2010

▲今日のホストであるご主人が、カプチーノを淹れてくれました。
ブランデー入り♪

お腹いっぱいになって、夜中12時過ぎまで喋り通し・・・
天国のような時間を過ごせたイースターでありました。

Foodie Info

Saturday, April 3rd, 2010

ただいまカナダ滞在中

前回がんばって更新します!と書いたものの、
さっぱり更新していないとは、どういうことでしょう。

春は楽しいことがたくさんで、ついついお外に出てしまうのです。

カメラだけはいつも持ち歩いていまして、写真だけは続々と貯まって
いるので、ジャンジャカいってみたいと思います。

まずはやっぱり食べ物ネタ。

「これ、いつの話のこと言っているの!」と、一緒に行った友人からは
ツッコミが入りそうなほど、もう遠い遠い昔の写真となりつつありますが。

記録までに、書き記させてくださいませ。

なぜかムショウにシンガポール鶏飯(海南鶏飯)を食べたくて食べたくて。

「食べたい!」という執念はすごいもので、カルガリーで食べられるところを必死になって探しました。

シンガポールやマレーシア系のレストランを探してみるも、既に閉店していたりと不運続き。
そして、やっと見つけたのがこのB級香港カフェレストラン「Calgary Court Restaurant」(119 – 2 Ave SE)。

Calgary Court Restaurant

▲店内は香港、中国系と思われる人ばかり!
次から次へとお客さんが入ってきていました。

タイ、マレーシア、中華などいろんなメニューが置いてあるという。
ネットでの評判も上々で、安くてボリュームたっぷりで、香港人に大人気だとか。

聞いてみれば、Pandaも学生時代に友達とよく行っていたと言うではないか。
…はやく教えてよ。

Calgary Court Restaurant

▲これが食べたかった、シンガポール鶏飯。

本来は、蒸した鶏と、その鶏のスープで炊いたご飯。・・・だと思うのだけれど
なぜかご飯はサフラン??

そしてソースもこれまたイマイチで、食べたかった欲求を満たすには
少々不合格。

でも、ここはボリュームたっぷりで安さが売り。

友達とランチというと、ついついオシャレでおいしいところを…と、
最近なりがちだったのですが、たまにはこういう食堂みたいなところも悪くない。

チラリと他のお客さんが食べているものを覗いてみると
日本風なグラタンや、クリームソーススパゲッティみたいなものもある!

かなり怪しいのですが、多分、学生には堪らないお店だと思います。

私たちが他に食べたものは、こんな感じ。

Calgary Court Restaurant

▲酢豚

Calgary Court Restaurant

▲これいまだに名前が分からないのだけど
なんだっけ?
この皮がやわらかくておいしいの。

チャイナタウンにあるので、行きやすいし。

お腹ぺこぺこな時に、ぜひ行ってほしいです。

そして、ちょっとゴージャス気分になりたいときは、ぜひこちらへ。

_DSC0009

▲カルガリーの有名イタリアンTeatroのお得ランチ。
私が頼んだのは、Wild Salmon Burger、ポテトとオーガニックサラダ付き。

記念日ディナーに行きたいお店Teatroが、$15というお得なランチメニューを展開中。

$15ランチメニューは5種類もありまして、どれも魅力的です。

Teatroは、こちらの雑誌Avenue3月号にて、今年のカルガリーベストレストランで第3位に輝いていました。

_DSC0020

▲ちなみに、1位はRougeで、2位はRiver Cafe。

この雑誌、非常に読み応えありまして。

新レストランベスト3、お寿司のベスト3、ブランチを食べるならのベスト3、サービスの良いレストランベスト3
テイクアウトのベスト3や、ベジタリアンレストランのベスト3、デザートなら、ロマンティックなレストランなら、
ステーキなら、シーフードなら、などなど…。

いろんなカテゴリーでカルガリーの食事情をランキングに!

そのほかにも、今カルガリーで新しいトレンドとなりつつある食べ物もピックアップ
されていて、例えば「串揚げ」もKushiageとして取り上げられていてビックリ。

あとは、最近カルガリーでやっとお見かけするようになった、こちらも取り上げられていました。

Macarons

▲マカロン♪
レモンやエスプレッソに抹茶など、
いろんなフレーバーがあって楽しいです。

記事によると、スイーツのトレンドはマカロンがカップケーキと入れ替わった!と。

一体、日本より何年流行が遅いんでしょう…。

私が今のところマカロンを見たのは、InglewoodのNectar Desserts
よく読書をしにフラリと立ち寄るケンジントンのVendome Cafe

実は今日もあまりにお天気が良かったので、マカロン食べながら本を読んで長居してきました♪

そんなわけで、食べ物ネタはまだまだあるので、きっとまた思い出したように
書き綴ります。