Broke the Reputation of UK

April
3rd

ただいまポーランド滞在中

旅行に行くと、食に対して異様なまでに貪欲になります。
いや、いつも貪欲なんですが…。

旅行先では目新しい料理も多く、いつも以上に張り切って食べてしまう。
どうにかならないかなぁ、この意地汚いまでの食欲旺盛な体質。

と、いつもなら旅行前はウキウキするのですが、
イギリスの場合『食事はおいしくないんだろうなぁ~』とあまり期待しないでいました。

だってほら。

世界で一番幸せな男は?
──アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。

じゃあ、世界で一番不幸な男は?
──日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男。

こんなジョークがあるくらいなのですよ。

しかし。

今回はいい意味で裏切られました♪

まずポーランドからロンドンに到着し『イギリスといえばパブだ~!』と
空港内のパブに飛び込みランチを。

beer.jpg

▲昼間から堂々とビールを楽しめるのって
旅の醍醐味♪

店員さんオススメのラガーCarlingをチョイス。

イギリスでのパブは、ドリンクもフードもすべてバーカウンターでの注文。
そしてその場で支払います。

Sandwiches.jpg

▲私が頼んだのは
白身魚のフライのサンドイッチ&クリスプ
(イギリス英語風→クリスプ=ポテトチップス)。

お腹がすいていたせいもあるのかなぁー?
サクサクのフライとマヨネーズソースの相性バッチリで
カルガリーで食べるサンドイッチより断然おいしかった!

fishandchips.jpg

▲こちらはPandaが頼んだフィッシュ&チップス。
これぞイギリスパブの定番。

空港内のパブに全然期待していなかったので、
なかなかの美味しさに、ご機嫌になった私。

さて今回ロンドンでは、キッチン付のマンションスタイルのホテルを
チョイスしました。

hotel.jpg
▲マンションの一室というカンジでしょ?
hotel2.jpg

理由はイギリスで外食ばかりの5泊6日に自信がなかったから(笑)。
白米命の私は、日本からレンジや熱湯ですぐ食べられるインスタントライスを
持ってきてくれるように友人に頼んだほど。

食器やカトラリー、オーブンレンジにトースター、冷蔵庫にコンロと
充実しているのでとっても助かりました。

なので朝食は近くのスーパーで、マフィンやクロワッサン、サンドイッチに
フレッシュジュース等を購入して手軽に食べたり。

breakfast at hotel.jpg

▲ある日の朝食。
マーク&スペンサー(イギリスの高級スーパー)のクラブサンド。
トーストしたオートミールのパンに、チキン、ベーコン、トマト、レタス、きゅうり。

このクラブサンドおいしかったなぁー。
そして、その辺のスーパーで売っているマフィンも甘さ控えめで普通においしい!
北米で売っているスイーツがあんなに甘すぎるのは
彼らの舌の感覚が狂っているからなのだという結論に落ち着きました。

こちらもまたまたフィッシュ&チップス。

fishandchips2.jpg

▲私たちが宿泊したホテルの近くのパブで。
2日ほど遅れてロンドン入りした友人と一緒に晩御飯。

このフィッシュ&チップスにも緑色の豆のソースが添えてあったのですが
これってロンドン特有なのかしら。

さて、フィッシュ&チップスばかり食べていたわけではありませんよ。

イギリスではもちろん様々な国のお料理も食べられます。

buffet.jpg

▲チャイナタウンにある『Mr Wu』で食べたバッフェランチ(食べ放題です)。
確か£6位でとってもお得プライス。

海外で食べる中華料理は油ギトギトなイメージだったのですが
さっぱりしていて、普通においしい。
炒飯山盛りにして食べました☆

一番のヒットは、アンティーク家具を買い付けに行ったリンカン市で
家具店の人から教えてもらったオススメのイタリアン『Gino’s Italian Restaurant』。

italian1.jpg

▲ムール貝のクリームソース。

italian4.jpg
▲友人が選んだカルボナーラ。
このベーコンがおいしかった♪
italian3.jpg

▲Pandaチョイスの生ハムのピザ。

italian2.jpg

▲私が頼んだサーモンのトマトクリームパスタ。

どれもすっごくおいしくて、
みんなで仲良く取り分けながら食べました。

そして、こちらはランチに食べたスペイン料理のタパス。

spanish.jpg

▲タパスって『小皿に盛られたちょっとしたおつまみ料理』
という意味なんだって。
知らなかった~。

ということで、4皿好きなものを選びます。

私はスパニッシュオムレツや、マッシュルームのコロッケ、カラマリ(イカのフライ)等をチョイス。

最初少ないかな?って思ったけれど、全部食べられなかった位のボリュームでした。

そして友人とロンドンでの最後のディナーはちょっとファンシーな
中華料理屋さんで。

chinese1.jpg

▲この麻婆豆腐がおいしかった!!

chinese22.jpg

▲ヌードルや炒飯もあります。

chinese3.jpg

▲小龍包も忘れずに・・・。

ちょっと頼みすぎた気がしないでもないですが、最後の夜ですからね。
いいのです。

満腹ハッピーなロンドンの食!!!

と、締めくくりたいところだったのですが。

一店だけ入った瞬間後悔したところがありました。

それは

『イラッシャイマッッセェェ~~』

と元気よくチャイニーズ訛りで迎えられた日本食レストラン。

sushi.jpg

▲このお寿司は合格ライン。

でもね、夜寒かったから温かいラーメンを食べたかったのです。

bbqramen.jpg

▲PandaチョイスのBBQラーメン。

もうね、見た目がやばいでしょ。

miso ramen.jpg

▲ 私が頼んだ味噌ラーメン。

これは味噌ラーメンではありませんでした。

ぬるいお味噌汁に、ゴムのように軋む中華麺が入った食べ物です(怒)

そんなわけで、ポーランドに帰ってきてその日にチャーシューを作り
ラーメンを食べたのは言うまでもありません。

homemade ramen.jpg

▲先月札幌から届いたラーメンに、シナチク。
お母さん、ありがとう。

そんなわけで、イギリス旅行記はまだ続きます。

今日のポーランド語
jedzenie(イエジェニェ) =食べ物、food

※『朝時間.jpのワールドモーニングフォトクリップ』、イギリス旅行3日目の朝を更新しました。


I long to eat more than usual when I travel… somehow I love to explore new restaurants in new places. So, I am usually excited to plan what I should eat when traveling, but this time since the place we went was England, I didn’t expect great quality of food.

Do you know this joke? The happiest man has: a Japanese wife, an English salary, an American mansion, and a Chinese cook. The unhappiest man has: a Chinese salary, an American wife, a Japanese house, and an English cook.

It is said that the reputation of English food is not so good, but we realized nowadays that reputation is changing.

Photo 1 is of the Lager beer “Carling” at the pub we dropped by at the airport flying in from Poland. It was interesting custom that in England we need to order the drinks and food as well as pay for them at the bar counter at first. I ordered a Fish Finger Bloomer with potato chips (crisps) (photo2). I was so hungry, I felt it was better than any sandwiches I’ve eaten in Calgary. Photo 3 is of the fish and chips that Panda ate. We were quite happy with the quality of the meal.

By the way, we have stayed in a condominium style hotel which included a kitchen (photo 4 and 5), since we didn’t have confidence to survive a 6 day trip just eating out. As I am a rice eater, I prefer having a kitchen for just in case. There were plates, cutlery, microwave oven, toaster, fridge and stove. So, we bought some fresh juice, muffins, croissant, and club sandwiches etc… for breakfast (photo 6). We were impressed that the muffins from the grocery store in England were not too sweet, actually they were good! Maybe North Americans tongue is damaged – their sweets are too sugary.

Photo 7 is of fish and chips again, we ate at a pub near our hotel with my friend. The green pees sauce beside the potatoes is England style?

Well, it looks like we have had only fish and chips, but there is a variety of food from all over the world in England. Photo 8 is of the buffet lunch (all you can eat) we ate in Chinatown. It cost around 6, not too bad and not too greasy.

The most delectable dishes we ate are in the next photos (9-12). Gino’s Italian Restaurant is in Lincoln where we stayed for purchasing antique furniture, and one of the employees in the furniture shop told us about this awesome restaurant. All the things we ordered were amazing, so we shared each plate J

Photo 13 is of Spanish Tapas we had for Lunch. Tapas is the name of a wide variety of appetizers in Spanish cuisine. I chose Spanish omelets, mushroom crochets, calamari, and one more (I forgot).

Photo 14-16 are of the last dinner with my friend at the fancy Chinese restaurant. It was so tasty.

All we ate in England was so yummy, except for only one shop we went that was horrible… It was a Japanese restaurant owned by Chinese people (we assumed from their Japanese accents). Sushi was ok (photo 17), but ramen (Japanese style noodle) was yucky… I couldn’t finish it at all. It was just miso soup – but with rubber noodles – which is nothing like miso ramen. Once I came back to Poland, I immediately made BBQ pork and prepared real ramen at home (photo 18).

Today’s Polish
jedzenie food

13 Responses to “Broke the Reputation of UK”

  1. ミキ6 Says:

    最後のラーメン 笑っちゃったーーーん
    味噌汁のようなスープ だなんて 札幌っ子には
    許せないわ
    イギリスは 雨とどんよりしたイメージで なおかつ 食事はまずいって
    聞いていたから
    UMIの旅行が そのイメージと違って
    うれしいわ すべておいしそー

  2. カプチーノ♪ Says:

    インド料理と中華がおいしいですよね。
    夫がカレー好きというのもあり、イギリスに行くと必ずインド料理を食べます。
    そういえば、日本食レストランには行った事がないです。
    前回の日記といい、今回のも…
    ほんと、写真が綺麗でビックリです。プロみたい。

    最後のラーメン。
    「シナチクが入ってる~」と思ったら、やっぱり。
    札幌ラーメンが懐かしい~
    美味しい味噌ラーメンが食べたいです~

  3. しおぽん Says:

    最初のジョーク、初めて聞いたけどおもしろいね。
    なるほど!って思っちゃった。

    やっぱり、旅の醍醐味は食べ物でしょう~~!
    なので、張り切って食べてしまうUmiちゃんは正しいのです。
    でも、最後は日本食が恋しくなるよね。
    私達も今回、旅の終わりは日本食でした。

  4. UMI Says:

    >ミキ6
    食べる前から危険の香りがプンプンしていたんだけどね。
    本当に味噌汁みたいだったんだよ。
    絶対本当の味噌ラーメンを食べたことないに違いない!!
    旅行先の食べ物は期待しないでいくと、
    おいしく食べられていいのかもしれないな・・・と今回学んだよ(笑)

    >カプチーノ♪さん
    インド料理!イギリスはインド料理がおいしいのですね。
    今度行くときはカプチーノ♪さんにメールしておいしいお店を
    教えてもらわねば☆
    ついつい日本食が恋しくなって、調べもせずに日本食レストランに
    入ってしまうのですよ…見た目日本人だったのですが
    インチキでした。くぅぅうやしいぃぃ。
    そう!シナチクを札幌から送ってもらいました。今日実は
    パスタマシーンを発見して、3分ほど買おうか迷ったのですが
    とりあえず断念。でもいつか私も自家製ラーメン作りたいです。
    今日は早速メンチカツ作ってみました♪玉ねぎ入れたけれどPandaも
    食べてくれました!わーい。

  5. UMI Says:

    >しおぽん
    ね~、なるほどだよね。ということで、日本人の妻を持つお互いの
    旦那さまに『よかったねー』と言いましょう(笑)
    旅に行くと1日4食どーんとこい!って思っちゃう位食べちゃうんだよね。
    その土地のおいしいもの食べたいもんね☆
    しおぽんの旅レポートも楽しみだよ!

  6. あろあろ Says:

    旅に出ると食に対してやたら貪欲になる・・・右に同じですっ!
    ロンドンってパブ飯と、他国料理がけっこう美味しいですよね。
    個人的にはインド料理と中華がすごく美味しかった記憶があります。
    この輝いているような(?)マーボー豆腐がたまらんです・・・じゅる。
    それにUmiさんのラーメン、ヤバイです、ものすごくシナチクが食べたくなってしまいました。

    しかし個人的には一番覚えておきたいFoodという単語、難しすぎます(涙)

  7. kaeru Says:

    おはようございます。

    そんなジョークがあるんですか。
    では、旦那さんは世界一幸せな男性です。。よね?

    しかし、本州にでただけでも、絶対味噌ラーメンだけは注文しないのに、海外で・・・
    すごい勇気と好奇心ですね(笑

  8. kome Says:

    あそこはジャガイモしか食べられるものがない、なんていう言葉を鵜呑みにしてたのですが・・・どれもこれもとっても美味しそうですね。旅慣れてくると、お店の雰囲気で当たり外れが分かってくるのでしょうか。
    「どうしたら、こんな料理出せるんじゃー!」みたいなハズレに当たるのも、旅のいい思い出ですけどね。
    横ですが、kaeruさんの発言いいですね(笑)。本州に出ただけでも、味噌ラーメン食べないとは。
    北海道の味噌ラーメンって、格別なんですね。すっごく食べたくなりました。

  9. kojisato Says:

    旅行と食は、切って切れない関係ですよね。私も旅行中は、胃がさらに大きくなります:)
    ラーメン、残念でしたね。
    でも、
    >そんなわけで、ポーランドに帰ってきてその日にチャーシューを作り
    ラーメンを食べたのは言うまでもありません。
    この下りが、「すごい!」と思いました、食へのコダワリが本物ですね:)
    日常も旅行中も、外食連続が出来ないのでキッチン付きのアパートメントタイプの宿泊場所はいいな~と
    思いました。

  10. UMI Says:

    >あろあろサン
    おぉ!インド料理と中華料理!2名から同じ内容のコメントを
    いただくとなると、ますます真実味が。
    よし、次回はかならずインド料理へ行きます。
    マーボーとっても美味しかったです。
    シナチクってラーメンにはなくてはならない脇役ですよね。
    私、シナチクだけでもご飯2膳食べられます(笑)。
    jedzenie(イエジェニェ)、このdzのジェの発音が曲者です。

    >kaeruさん
    こんばんは☆
    あはは!イギリス通貨でお給料もらえたら最高なんですが☆
    でも、Pandaと私としては日本の家に住みたいのですよー。

    そういわれてみれば、カナダにくるまで北海道以外でラーメンを
    食べたことがありませんでした!
    カナダの日本食屋さんでそれなりの味噌ラーメンが食べられるところが
    あるので、ついつい期待してイギリスでも挑戦してしまったのですが…。くぅぅぅ残念。

  11. UMI Says:

    >komeさん
    食事の時間帯なら、混んでいるお店に入るのが一番です(笑)
    私たちが入って失敗した日本食屋さんはチラホラお客さんはいたものの
    空席が目立っていましたが、2軒隣の中華料理屋さんは外まで列が出来てました。
    でも確かに、いい思い出になりました☆いまとなっては笑い話ですものね。
    なぜか私の中では、お寿司とラーメンは北海道が一番!と思っているので
    カナダに出てくるまで北海道以外で食べたことがありませんでした。
    北海道で味噌ラーメン、いつか体験してみてくださーい♪

    >kojisatoさん
    kojisatoさんも食いしん坊だとわかって嬉しいです。旅行中はついつい
    色々と食べちゃいますよね。
    イギリスでのラーメンがどうしても許せなくて、ついつい作ってしまいました(笑)。
    もうここまでくると意地汚いというかなんというか・・・。
    キッチン付きのホテルおすすめです。ここは3.5星レベルのホテルなので
    家具とかは少々安っぽかったのですが、旅行中の宿としては充分でしたよ!

  12. AIAKO Says:

    ──アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男
    そうだったんですねぇ…。し、知らなかった!

    うちの旦那ってば、
    ―カナダの家に住み、カナダの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男
    じゃんっっ!このことわざ(?)を教えてやらないと!!UMIさん、教えてくれてどうもありがとう♡

    しかし、モロChineseな赤いシャーシューがのったラーメン。食べたくないですよねぇ。私も一度バンフでものすごいジャージャー麺食べましたよ…。ぜったい炒める用のEgg noodleかなんかをラーメンに突っ込んでる代物でした。本当にがっかりですよね。

    でも、他の食べ物はとってもおいしそう☆本場のFish and Chips食べてみたいです。もちろんビールと一緒に!

  13. UMI Says:

    >AIAKOさん
    AIAKOさんのご主人、かーなーり幸せな男性じゃないですかっ!
    いいなぁAIAKOさんの手作り中華料理、私も食べたいです☆
    日本人がオーナー、もしくはシェフじゃない日本料理店はやはり危険マークですよね。
    お寿司は大丈夫だとしても、麺類はやばいです。
    Fish and chipsおいしかったでーす。今度はホームメイドでFish and chipsを
    作ろうと企んでいるのですが、はて、どうなるか。

Leave a Reply