Happy Hokkaido Sweets

March
5th

 ただいまポーランド滞在中

札幌で働いていたとき、幾つかのプロジェクトを共にし
お仕事をご一緒させていただいた石田美恵さん。

とってもとってもおいしそうな本を出版されました。

sweets_hyousi.jpg

 ▲たったひとつの小さなお菓子で、あったかい気持ちになる
『幸せの北海道スイーツ』
~極上のお菓子案内~
※本の公式サイトはこちら

長年に渡り北海道の食や文化を中心に、書籍、雑誌、広報誌などの編集をされてきた石田さん。
その文章はとても丁寧で温かく、読んでいる人に安心感を与えてくれる不思議な魅力を持っているのです。

ほんわかおしとやかなのだけれど、確固としたこだわりをお持ちの
石田さんの人柄をそのまま表すかのよう。

ひそかに石田さんの大ファンだった私は、石田さんのような文章を書けたら…とずっと憧れていました。

我が故郷・北海道はスイーツを作るための素材も気候も風土も素晴らしく
パティシエさん曰く、とても恵まれた土地だといわれているんですって。

その恵まれた条件のもと大切に丁寧に作られたスイーツたちは、
確かに、すでに全国的に有名なものもたくさんありますよね。

名店だけではなく、隠れた逸品も含めて48店。
どれも「北海道の宝」として、石田さんが自信をもっておすすめできるスイーツが紹介されているこの本。

道内にお住まいの方達のブログを見るに、色々なところで好評な様子が伝わってきます。
私も早く読みたくて、オーダーしちゃいました!

スイーツ好きな方はもちろん、北海道旅行の際にも役に立ちそうなこの本は
道内各書店にて大きく扱われているようなので、ぜひ手にとってみてくださいっ。
北海道外にお住まいの方はお電話やオンライン購入が可能とのこと ⇒ 購入方法

久々に石田さんとメールでお話し、札幌が恋しくなってしまいました。
また一緒にお仕事したり宴会したりできたらいいのになぁー(←飲んで話すの大好きな私)。

そして、もうひとつ。

以前もこのブログで紹介しましたが、
札幌にて店舗デザインをしている私の友人の会社D&Cのホームページの更新作業を
またお手伝いすることができました。

dandc.jpg

▲トップページのリロードする度変わる写真も
新しいのに変わりました☆

2008年のお仕事のいくつかが写真付きで紹介されていますので、
オシャレな新店チェックにぜひぜひご活用くださいまし。

やっぱり北海道は食の宝庫だなぁ。

食のパワーで、不景気を吹っ飛ばしてほしいものです。

札幌で『食』に関わりながら活躍している方たちから、
こうやって刺激と元気をもらえるのは本当にありがたいこと。

次回またおいしい北海道のおいしい食物にありつけるのが待ち遠しいです。

今日のポーランド語
słodycze(スウォディチェ) = スイーツ, sweets
※ポーランドの窓とドアのお話は次回で!

Do you like sweets?  Definitely, my answer is Yes.  Having a cup of tea and sweets is my favorite time.  I love Polish sweets, but sometimes I miss my hometown sweets… as everybody does.

One of my business friends in my city has just published a book “Happy Hokkaido Sweets (photo 1).”  For me, the title itself sounds attractive 😛

My home province, Hokkaido, is called the Treasure Island of Food since we have better quality crops and fish because we have more available land and suitable weather for crops.  Of course, milk, butter, eggs and fruits – those which are necessary for making sweets – are also better quality in my home province, we believe.  To publish the book, she traveled around Hokkaido, and interviewed some of the best pastry chefs.  I can’t wait to read her book.

Mie Ishida, the author of the book, has been a writer concentrating on culture and food in Hokkaido for several years.  I love her writing style, it’s so warm and she always has an interesting plot in her articles. I’m so happy introducing the book to you even though you are not able to read it, but at least you now know a little bit about my hometown and my friend.

One more thing – connecting to food and about my city.  Panda and I again had a chance to update my friends company’s website(photo 2).  She is a commercial building designer and designing “Design Restaurants” is her forte.  A “Design Restaurant” is a stylishly designed, trendy restaurant – they are very popular in Japan at the moment.  She provides a comfortable space to let people enjoy the food and atmosphere.  I’m proud of her founding her business and doing well. 

Both of them really motivate me to do what I can do here… the fact my friends enjoy their work, and are active in their fields really stimulates me.   

Today’s Polish
słodycze = sweets

   

6 Responses to “Happy Hokkaido Sweets”

  1. megumi Says:

    ホームページ紹介してくれてありがとう。
    上の 本早速本屋で探してみるわん。

  2. Mini Says:

    ブログの更新いつも楽しみにしてるよ♪
    UMIちゃんって、本当色んな物や事に素敵なアンテナをぐぐーっと伸ばしていて、目からウロコ情報にいつも感動しています☆
    今はポーランドなんだよね?どうやら私の渡加は2011年頃になりそうですよー。
    久々にUMIちゃんと会っていっぱいおしゃべりしたいです!!!

  3. Mayu Says:

    もう表紙からおいしそうな予感が漂ってるね。あ-おいしいスイ-ツ食べたいよ。
    ポ-ランドのお菓子は日本と比べてどうですか??
    北海道と言えばこの前インタ-ネットでいくらの食べ放題やってって超、おいしそうだった。
    あ-日本に帰りたいよう。

  4. ミキ6 Says:

    これ見た!見たよ 本屋さんで特集みたいになってて
    気になっていたのよ おいしそうで おいしそうで
    UMIの お仕事仲間さんだったんだね~ 
    それにしたって あなたはポーランドにいても いろんなことに
    アンテナ張り巡らせていて 恐れ入るのだわー
    だから好きなんだけれどね!!!
    おいしい食べ物と一緒に いつでも北海道で待ってるワ

  5. UMI Says:

    >megumi
    えへ。遅くなっちゃってゴメンね。
    恵スイーツ好きだもんね、ぜひ本を手に取ってみて~。

    >Miniちゃん
    2011年ってことは、2年後だね!
    その頃私はどこかな~、カナダだったらいいな!!
    話したいことは山ほどあるから、お泊り準備で語らおう。
    長い間ダーリンと日本に住めるのが本当に羨ましいよ。
    私たちもいつの時点になるかわからないけれど、日本暮らし
    したいなぁー。

  6. UMI Says:

    >Mayuちゃん
    ポーランドのお菓子、甘さ控えめでおいしいよぉぉ。
    チーズケーキとかパイ系がおいしいです。
    でも私は和菓子派なのよね。実は。
    あんこ食べたいから、近々作る予定だよ。
    いくらの食べ放題!ご飯に山盛りいくらっておいしいんだよね…。
    日本に帰りたいっていうか、日本に住みたい…。

    >ミキ6
    すごーい、本屋さんで見たのが印象に残るって重要だよね。
    うん、表紙からしておいしそうだもんね!
    何が一番恋しいってやっぱり海産物だなぁー。
    帆立とかカニとかいくらとか…。
    今度帰国する際もおいしいもん食べにいこうね。

Leave a Reply