Rice Ball is not Sushi

January
30th
ただいまポーランド滞在中

Pandaが仕事から帰ってくるなり、明日はおにぎり3つ作ってね、といたずら顔で言う。

仕事場が歩いて2分(!)の場所にあるため、ランチはうちで食べたり
おにぎりを持っていったり、義父と食べに行ったりとその日によりけり。

だが、なぜに3つも。
いくらおにぎり好きとはいえ、いつもは1つなのに。

話を聞いてみると、おにぎりを食べながら仕事をしている様子を
同僚Aに見られた、という。

そしてその同僚Aが、同僚Bに
『Umiがポーランドに来たら、Umiの日本料理(寿司)を食べさせてほしいって言っておいたのに
あいつは一人でお昼にこっそり寿司を食べている!』

と言ったらしい。

Panda、最初彼らが何を言っているかさっぱり分からなかったらしいのだが、
どうやらおにぎりを寿司と勝手に勘違いしたという。
海苔+ご飯は彼らにとっては寿司なのである。

いくら海苔で巻いているからといって、これは違う食べ物だ。
中には鮭が入っていて云々…、と説明したものの
彼らはそれはまさしく寿司だと言って譲らない(笑)。
しかもPandaが食べていたのは、やたらとでかい寿司だったと力説したという。

にて、彼らの分のおにぎりを持参し一緒に食べることにしたんだって。

rice ball.jpg

 ▲我が家のおにぎりはわかめご飯で中身は鮭。
海苔はパリっとが好きなので食べるときに。

同僚Bがそれをお皿の上に盛ってフォークとナイフで食べたという微笑ましいオチ付きなのだが、
喜んで完食してくれたとのこと。

そうだよなー、『おにぎり』を見たこともない人にとっては、正体不明の物体だろうな(笑)

でも、こういう風にしてどんどん日本の食べ物を知ってもらうのってなんだか嬉しい。

近いうちに会社で寿司パーティを開く予定なので、すごく楽しみなのです。

そう、ここポーランドでもお寿司は食べられるのであります!
先日『朝時間.jp』でのレポートでも書いたのですが、早朝に港へ行くと
漁師さん達が獲れたての新鮮な魚を売っているのですよ。

fisherman.jpg

 ▲色んな魚があるのだけれど、よくわからない(笑)

とりあえず判別がついた鮭と鱈を大量に購入!

salmon.jpg

 ▲さばかなくちゃいけないのが非常に切ないところ。
左は切り身用、右は脂がたっぷり乗ってハラス部分なのでお刺身用に。

fried fish.jpg
▲鱈はフライにして自家製タルタルソースと一緒にいただきました。

あとは鱈って何作ったらおいしいだろう。

salmon bowl.jpg

▲こちらは酢飯にサーモンを乗せてサーモン丼!

ところで、獲れたての新鮮な鮭はそのまま生食してはいけないってご存知でしたか。

生の鮭にはアニサキスという寄生虫がいるので、必ずマイナス20度以下で24時間は冷凍させて
寄生虫を死滅してから食べなくてはいけないんですって。

北海道の郷土料理に鮭のルイベといって、冷凍した鮭を薄く切って食べるものがありますが
ルイベには寄生虫を殺す意味があったのですなぁー、納得。

日本だとちゃんと『刺身用』って書いて売っているから、そんなこと考えもしなかったよ。

食べることが大好きな私が、外国で暮らすようになってからしみじみと思うのは
日本を代表するお料理や食物について、基本的な知識が全然足りないということ。

異国で育った人たちへ、『日本』を伝えなくてはいけない場面が結構あるのに
知識不足でしっかりと説明できなくて、何度切ない思いをしたことか。

食べることを愛する自分のためにも、もっと深い知識を増やしたくて
今年勉強しようと日本で買ってきたのがこちら。

textbook.jpg

▲フードコーディネーター教本

試験は年に1回日本での開催なので、実際受験できるかは分からないけれど
まずは知識を身につけることが目的なので、今のところ資格にはこだわっていません。

とにかく内容がとても興味深くて、
日本料理の歴史や、行事食や郷土食の文化的な詳細はもちろんのこと各国料理の歴史も充実。

食材や調理器具の知識や、栄養学、添加物について、テーブルコーディネートや
テーブルマナー、メニュープランニングまで!

広く浅くなのかと思いきや、意外に深いところまで突っ込んでいて
『そうそう!こういうことが知りたかったの!』というワクワクする内容なのです☆

じっくりじっくり線を引きながら読んで習得したいと思います。

おまけの写真は、Pandaが会社でおにぎりを食べている間に
私が食べたランチ、スモークサーモンのクリームパスタ!

cream pasta.jpg

▲胡椒はたっぷりゴリゴリするのが好き。

ということで、今日のポーランド語。

Łosoś(ウォソシ) = 鮭, salmon

Dorsz(ドルシュ) = 鱈, Cod

I’m not sure if you know what a “rice ball” is… its a kind of popular snack for Japanese at lunch time.  We put fish flakes in rice and make it round (like a ball) in order to make it easier to carry and eat.  Panda loves to eat them, so he sometimes brings a rice ball to his office; even in Poland.  One day, one of his colleagues found out he was eating some rice at the computer.  And the guy told another colleague that Panda was sneakily eating “sushi” at work – by himself – even though they have wanted me to make some sushi for them someday.  Yup, they misunderstood that Panda was eating sushi, since it looks like a little like sushi… rice+seaweed = sushi for them. They might never have seen such a wired thing before – it’s easy to mistake it for sushi (I guess).

So, Panda decided to bring 3 rice balls to let them eat and see what it tastes like (photo 1).  The funniest part (for Japanese people) was that before Panda could explain how to eat it, one of his colleagues went to bring a plate, knife and fork and just started eating it like a meal.  It is supposed to be eaten simply just by putting seaweed on it and eating like a sandwich (or apple) J  I love to hear this kind of story because it means many people are interested in Japanese food – even if they don’t know a whole lot about it, and we can be the ones who can tell them what it’s like and let them try a variety of foods – not just sushi.

Anyway, we are planning to throw a sushi party shortly in his office. It will be fun 🙂

I’ m so happy there are fresh fishes available here.  We went to the harbor last weekend to get fishes directly from a fisherman. (photo 2)    We bought tons of salmon and cod.  The left photo 3 is for salmon steak, and right side is for sushi.

Photo 4 is how I cooked the cod.  I fried them and ate them with homemade tartar sauce.  Do you have any ideas to cook cod?

Photo 5 is salmon bowl with sushi rice.

I brought a text book from Japan to learn to be a Food Coordinator. (photo 6)

There is a lot of very interesting content in the textbook – so many things I have wanted to learn: the history and culture of Japanese food, Chinese food, each European food… table coordinating, tons of knowledge about all kinds of food, menu planning… etc.

I have wanted to know the details about foodstuff not only because I love cooking and eating, but I want to tell others about Japanese food more and how to enjoy food.  I believe this study will be the first step for my future dream.

Anyway, I thought any fish is good if they are as fresh as possible.  But if you want to eat raw fish, you have to be careful… apparently raw salmon from the sea has some parasites. In otder to enjoy it without cooking first you have to make sure that freeze the salmon (under -20 degree) for more than 24 hours to kill the parasites.

I didn’t know this kind of stuff even though I am Japanese – because before I have just bought fish that were prepared or cut and had “for sushi” stickers in a grocery store.

This studying will definitely help me to gain knowledge about food.

The last photo is smoked salmon cream pasta I ate for my lunch 🙂

Today’s polish…

Łosoś = salmon

Dorsz = Cod

9 Responses to “Rice Ball is not Sushi”

  1. ミキ6 Says:

    きゃは 笑える おにぎりをお寿司と思っちゃったのね
    フードコーディネーターのお勉強が 今年の目標の夢を叶える一歩なの???
    がんばれUmi いつも前向きなあなたの 大ファンよーーーー

  2. チッピー Says:

    ポーランドでも以外にちゃんとお刺身できちゃうんだねー♪ 逆に北米よりヨーロッパの方がお魚食べるのかな? どこにいても素敵にお料理するUmiちゃんに乾杯☆

  3. Sの母 Says:

    ほぉ。鮭の事は知りませんでしたぁ。さすが、UMIはんですのぉ。
    そして、お魚たちがものすご~く美味しそう。
    フードコーディネーターって素敵だね。あなたにピッタリ。まさに適職かもっ!
    素敵な写真をこれからも撮ってちゃぶだいね~

  4. カプチーノ♪ Says:

    Umiさん、こんにちは。
    私のプログ、見てくださってありがとうございました。
    バルト海近辺に住んでらっしゃるのですね。魚が美味しそうで本当に羨ましいです。
    私の町は内陸なので、魚はヒドイです…。冷凍魚だって、カピカピ。
    美味しい魚が食べたい…といつも思っています。

    少し拝見したところ、共通点を発見しました!
    私も札幌出身ということ、そして手作り納豆に励んでいるということ。(別サイトですね)
    ファクトリーの写真が、とっても懐かしいです。

    またちょくちょくお邪魔させてくださいね。
    これからもよろしくお願いします。

  5. じむじむ Says:

    おにぎりがお寿司ですか!
    同僚の方、異文化交流が楽しかったでしょうね~。

    シャケにもアニサキスがいるとは知りませんでした!
    タラに付いているのは何度も見たことがありますけどね。
    刺身用の表示には「新鮮」だけではなく「処理済」の意味もあったのですね。

    フードコーディネーターのお勉強、頑張ってくださいね!

  6. しおぽん Says:

    イカにアニサキスがいるのは知っていたけど、
    鮭にもいるとは知らなかったヨ。
    そうか、ルイベはそうゆう訳だったのね。フムフム。
    勉強になったよ。

    いっぱい新鮮な魚が手にはいるようで
    うらやましいわ。

    フードコディネーターの勉強に興味津々。
    色々報告楽しみにしてま~す。

  7. UMI Says:

    >ミキ6
    カナダに比べると、ポーランドはまだアジア系の食事が浸透していないからか
    日本食というと寿司って思っちゃうみたいだよ。
    私もミキの大ファンだよ(笑)
    新しい勉強って何でも楽しいよね!

    >チッピーちゃん
    ポーランドではスモークした魚やピクルスなど、加工したお魚が多いよ。
    お料理だとやっぱりフィッシュ&フライかな。
    チッピーちゃん宅みたいに、フィッシュオーブンが欲しい!!

  8. UMI Says:

    >Sの母さま
    お寿司の具材は、カルガリーの方が品数入手できると思うのだけれど
    (私の好きな海老ちゃんがあまりいないのです)
    新鮮度は嬉しいくらいピチピチでございます♪
    食べることを愛しすぎて、ついには勉強することになりました(笑)
    好きなことを将来お仕事にできればいいのですが、うーむどうなることやら~。

    >カプチーノ♪ さん
    コメントありがとうございます。
    私もコメントを残した後、カプチーノ♪ さんのブログを徘徊したところ
    道産子で手作り納豆経験者だとわかって、さらに興奮していました。
    嬉しい共通点です!
    そして、カプチーノ♪さんのレース作品に心から感心してしまいました。
    私も可愛いレース編みに挑戦したかったのですが、カプチーノ♪ さんは
    ポーランドの雑誌を見て編んでいることにびっくり!すごいなぁー。
    近かったら教えてもらいにいっちゃうのに!
    今後もどうぞよろしくお願いします。

  9. UMI Says:

    >じむじむさん
    カナダみたいに移民が多い国だとアジアの食べ物事情に詳しい人も多いのですが
    ここポーランドでは、やはり日本食といえば『寿司』しかないみたいで
    おにぎりを見ても、寿司!!だったようです(笑)
    フードコーディネーター、運良く試験のときに帰国できるといいのですが
    まずはテキストを楽しく学んでみようと思ってます☆
    新しいこと始めるのって楽しいですよね。
    カメラのことも、じむじむさんレベルの腕前になるように
    もっともっと学びたいです。

    >しおぽん
    ねー!ルイベのことにはなるほどでしょー?道産子だと話が通じて
    嬉しいな♪昔の人の知恵だよね。
    新鮮なお魚嬉しいのだけれど、さばいて売ってあったらもっと嬉しいなぁー(めんどくさがり屋なの)
    このテキスト、一冊の本としても面白いよ!オススメ~。

Leave a Reply