Archive for January, 2009

Rice Ball is not Sushi

Friday, January 30th, 2009
ただいまポーランド滞在中

Pandaが仕事から帰ってくるなり、明日はおにぎり3つ作ってね、といたずら顔で言う。

仕事場が歩いて2分(!)の場所にあるため、ランチはうちで食べたり
おにぎりを持っていったり、義父と食べに行ったりとその日によりけり。

だが、なぜに3つも。
いくらおにぎり好きとはいえ、いつもは1つなのに。

話を聞いてみると、おにぎりを食べながら仕事をしている様子を
同僚Aに見られた、という。

そしてその同僚Aが、同僚Bに
『Umiがポーランドに来たら、Umiの日本料理(寿司)を食べさせてほしいって言っておいたのに
あいつは一人でお昼にこっそり寿司を食べている!』

と言ったらしい。

Panda、最初彼らが何を言っているかさっぱり分からなかったらしいのだが、
どうやらおにぎりを寿司と勝手に勘違いしたという。
海苔+ご飯は彼らにとっては寿司なのである。

いくら海苔で巻いているからといって、これは違う食べ物だ。
中には鮭が入っていて云々…、と説明したものの
彼らはそれはまさしく寿司だと言って譲らない(笑)。
しかもPandaが食べていたのは、やたらとでかい寿司だったと力説したという。

にて、彼らの分のおにぎりを持参し一緒に食べることにしたんだって。

rice ball.jpg

 ▲我が家のおにぎりはわかめご飯で中身は鮭。
海苔はパリっとが好きなので食べるときに。

同僚Bがそれをお皿の上に盛ってフォークとナイフで食べたという微笑ましいオチ付きなのだが、
喜んで完食してくれたとのこと。

そうだよなー、『おにぎり』を見たこともない人にとっては、正体不明の物体だろうな(笑)

でも、こういう風にしてどんどん日本の食べ物を知ってもらうのってなんだか嬉しい。

近いうちに会社で寿司パーティを開く予定なので、すごく楽しみなのです。

そう、ここポーランドでもお寿司は食べられるのであります!
先日『朝時間.jp』でのレポートでも書いたのですが、早朝に港へ行くと
漁師さん達が獲れたての新鮮な魚を売っているのですよ。

fisherman.jpg

 ▲色んな魚があるのだけれど、よくわからない(笑)

とりあえず判別がついた鮭と鱈を大量に購入!

salmon.jpg

 ▲さばかなくちゃいけないのが非常に切ないところ。
左は切り身用、右は脂がたっぷり乗ってハラス部分なのでお刺身用に。

fried fish.jpg
▲鱈はフライにして自家製タルタルソースと一緒にいただきました。

あとは鱈って何作ったらおいしいだろう。

salmon bowl.jpg

▲こちらは酢飯にサーモンを乗せてサーモン丼!

ところで、獲れたての新鮮な鮭はそのまま生食してはいけないってご存知でしたか。

生の鮭にはアニサキスという寄生虫がいるので、必ずマイナス20度以下で24時間は冷凍させて
寄生虫を死滅してから食べなくてはいけないんですって。

北海道の郷土料理に鮭のルイベといって、冷凍した鮭を薄く切って食べるものがありますが
ルイベには寄生虫を殺す意味があったのですなぁー、納得。

日本だとちゃんと『刺身用』って書いて売っているから、そんなこと考えもしなかったよ。

食べることが大好きな私が、外国で暮らすようになってからしみじみと思うのは
日本を代表するお料理や食物について、基本的な知識が全然足りないということ。

異国で育った人たちへ、『日本』を伝えなくてはいけない場面が結構あるのに
知識不足でしっかりと説明できなくて、何度切ない思いをしたことか。

食べることを愛する自分のためにも、もっと深い知識を増やしたくて
今年勉強しようと日本で買ってきたのがこちら。

textbook.jpg

▲フードコーディネーター教本

試験は年に1回日本での開催なので、実際受験できるかは分からないけれど
まずは知識を身につけることが目的なので、今のところ資格にはこだわっていません。

とにかく内容がとても興味深くて、
日本料理の歴史や、行事食や郷土食の文化的な詳細はもちろんのこと各国料理の歴史も充実。

食材や調理器具の知識や、栄養学、添加物について、テーブルコーディネートや
テーブルマナー、メニュープランニングまで!

広く浅くなのかと思いきや、意外に深いところまで突っ込んでいて
『そうそう!こういうことが知りたかったの!』というワクワクする内容なのです☆

じっくりじっくり線を引きながら読んで習得したいと思います。

おまけの写真は、Pandaが会社でおにぎりを食べている間に
私が食べたランチ、スモークサーモンのクリームパスタ!

cream pasta.jpg

▲胡椒はたっぷりゴリゴリするのが好き。

ということで、今日のポーランド語。

Łosoś(ウォソシ) = 鮭, salmon

Dorsz(ドルシュ) = 鱈, Cod

Click here for English version…

Happy Weekend

Monday, January 26th, 2009

ポーランドからこんにちは。

↑日本滞在中に友人より
『カナダにいるのかポーランドにいるのか分からなくなるから、毎回どこに居るかちゃんと書いてね』
という言葉をいただいたので、毎回さりげなく書いてみようと思います(笑)

さて、

週末はゆーったりのぉーんびりしようと思っていたのですが、
夕食に招かれたり、朝から港まで魚の買出しに行ったり、街にショッピングしに行ったり
バルト海までお散歩したりと、欲張りな週末となりました。

一気にブログネタが増えたのはいいのですが、
いっぺんには書けないので、小出しでちょろりちょろりと。

私たちが今居るのはバルト海沿いにある小さな街。
ビーチまではゆっくり歩いて10分程度でしょうか。

bike.jpg

私はポーランドへの渡航は4回目。

真夏のバルト海と、秋のバルト海には来ましたが、真冬は初めて。

waves.jpg

空も海も寒々とした色をしているのだけれど、
バルト海の穏やかに打ち寄せる波は、やっぱり変わっていませんでした。
(ちなみにこのブログのデザインに使われている海の写真は2006年夏に撮ったバルト海)

shell.jpg

こんなに近くに綺麗で静かな海があるのは、本当に幸せ。

もう少し温かくなったら、本を持ち込んで一日過ごしたいなぁ。

Baltic_Sea_map.jpg

▲ちなみにバルト海はこちらでした。
ヨーロッパ大陸上でも北部なのですごく寒い。

朝ゆっくりと砂浜をお散歩してお腹を空かせた後はお待ちかねの朝食☆

breakfast.jpg

白米命!の私は、いつも炊きたてご飯を朝食に食べているのですが、
ポーランドのスーパーは、パンに合うおいしそうなチーズやハムがたくさん!

なのでゆっくりできる週末の朝は、Pandaと一緒にパンで朝食です。

breakfast2.jpg

ノルウェー産スモークサーモンはハーブ入りのクリームチーズと一緒に。
私のお気に入りは、一番手前のニシンのクリームマリネ。
酢漬けしたニシンが、ヨーグルト、マヨネーズやリンゴといった爽やかな
クリームで漬けられています。

これをふんわり温かいパンと一緒に食べると、心ときめくおいしさ~♪

ポーランドに来ても、私の食欲は留まることを知りませぬ。

おいしかった夕食の模様も一気に書いてしまいましょう。
素敵な夕食に招かれたのは、義父の友人夫婦宅。

『夕食』といっても、14時~15時にしっかりしたお食事dinnerを食べる習慣のあるポーランドでは、
18時~19時に食べるのはsupperといって軽いお夜食です。

ということで、お夜食をいただきに行ってきました。

supper.jpg

▲生の牛肉に卵の黄身。ポーランドでユッケ?
と思いきや、タルタルステーキ。

玉ねぎとピクルスを刻んだものと、塩コショウ、そしてタレをかけて
ぐちゃぐちゃに混ぜてパンと一緒にいただきました!

ちなみに、左側に見えるゼリー状のものは『豚足のガラレッタ』というお料理で
細かく刻んだ豚の骨から出る煮こごりで固めたもの。
レモンとお酢をたっぷりかけていただきます。

ポーランドは元来肉食民族なため、豚ちゃんも余すことなく利用されるのですなぁ。

これらのお料理はポーランドの普通の食卓ではあまり登場しないようで、
今回随分と腕を奮ってくれたようです☆

異文化な新しい食べ物が大好きな私としては嬉しい限り。
わくわくしながらおいしくいただきました!

tea cup.jpg
▲食後はケーキと共にティータイム。
このティーカップは100年物だそうです。

ご主人が建築家で、奥様がバレリーナというこのお宅。
もちろん家はご主人設計で、うっとりするような豪邸でした。

アンティーク好きだそうで、200年物の椅子が置いてあったり・・・

piano.jpg

▲キャンドルホルダー付きのピアノを初めて見た。

after supper.jpg

▲食後はリビングに移り
パチパチと鳴る暖炉の音を聞きながらゆったりしました。

私が片言のポーランド語で挨拶をしたためか、
『こんばんは』と『おやすみなさい』を日本語で一生懸命発音しようとしてくれて
ほんわか嬉しい気持ちに♪

今年気合を入れて勉強することのひとつは、ポーランド語。
今年はポーランドが長くなりそうなので、本腰入れて少しでも会話が分かるようになりたいものです。

pies.jpg

▲ということで今日のポーランド語。
『zly pies』で『猛犬』。

 

zly(ズウィ) = bad, evil, 悪い
pies(ピエス) = dog,  犬

※『朝時間.jpのワールドモーニングフォトクリップ』、週末の朝食と、港まで魚を買いに行った朝を更新しました。

click here for English version…

Arrived in Poland

Thursday, January 22nd, 2009

新年のご挨拶もないまま、随分ご無沙汰してしまいました。

無事ポーランドに到着し荷解きや掃除に追われています。
これからは気持ち新たに、ブログを更新したり皆さんのところに
遊びにいったりしますのでよろしくお願いします♪
コメント欄もあけました!

日本では、綺麗な風景やおいしい食べ物など
たくさんたーくさん写真は撮りためていたのですが、
何せ毎日バタバタしていて時間がない。

日本は時間の経過が5倍くらい早い!なぜなんだ~。

sapporo factory.jpg

▲サッポロファクトリーのクリスマスツリー。

park.jpg

▲大通公園『ミュンヘンクリスマス市』にも行きました。

ricecake.jpg

▲お正月はお餅をついたり。

maccha2.jpg

▲お抹茶もたてていただきました♪

tachipon.jpg

▲大好物の『たちポン』。自家製です。

uni.jpg

▲私より1週間早く日本を発ったPanda最後の夜は
家族みんなで手巻き寿司でした。

家族や友人達と温かい時間を過ごしたあっという間の3ヶ月。
名残惜しい気持ちで札幌を離れ、 横浜で知人宅に立ち寄り成田で一泊。

yokohama.jpg

▲10年ぶりの横浜では、元町や赤レンガ倉庫、
みなとみらいを探索。楽しかった!

今回はウィーン(オーストリア)経由でベルリン(ドイツ)へ到着。

日本からベルリン入りする場合、色々なルートがありまして。
前回はフィンランド経由にしたので、今回はスイスかオーストリアで迷ってみました。

オーストリア航空にした決め手はやっぱりオーストリアワインが飲めるということ(笑)。

airline.jpg
▲グリーンと赤で統一されたカラフルな機内。

オーストリア航空は、機内デザインもかわいい上にサービスが花マルでした。
お水だけではなく、ジュースやお茶をコップに淹れて、搭乗中常にサービスしてくれるし
食事中はホカホカのパンをたくさん持ってきてくれるし♪

2回の食事以外にも、おやつや軽食時間もあって12時間のフライトをリラックスして
過ごすことができました。

ついでに言うと、隣2席が空席だったので睡眠もバッチリ。

austria.jpg

▲ウィーンを見下ろすと白銀の世界でした。

beer at airport.jpg
▲ウィーン空港にて一人ビールを飲んでご機嫌♪

私はベルリンにて一泊してその後車でポーランド入りしたのですが、
スーツケースはなぜか私を置いて、ウィーンからベルリンへ行かずに
ハンブルグとミュンヘンを一人旅。

結局スーツケースなしでポーランド入りとなったのだけれど、
なかなか面白い旅となりました。

 

*************************
さて、1月も後半になったわけですが今年の抱負を記しておきたいと思います。その前に去年を振り返ってみると
2008年は私にとって永住権を取得したり、父を亡くしたりと節目となる年となりました。
改めて家族や友人の大切さを痛感した1年でもありました。

昨年初めに立てていた目標は、それなりに達成できたかなぁ~
お家のインテリアも一新したり、スイーツのレシピも増えたし。

今年は

『夢に向かう第一歩を踏み出して、新しい知識を増やす年』

にしたいと思います。
気分新たに自分探しができますように。

今年もどうぞよろしくお願いします。

※『朝時間.jpのワールドモーニングフォトクリップ』、ベルリンの朝を更新しました。

 

Click here for English version…