A Bit of Happiness

October
9th

私たちが撮る写真を気に入ってくれた出産間近の友人が
お腹が大きいところを記念に写真に撮っておきたい…と連絡をくれました。

わたしたちのアマチュア写真でいいならば、と

Pandaと二人で『なんちゃって撮影会』に行ってきました!

どちらかというと風景や食べ物といった静物写真をいつも撮っている私たちにとって
ポートレート(人物)写真は難しくて、チャレンジングなわけですが…

ポートレート用のノウハウ本を改めて読み直し(笑)
レンズやフィルター、レフ版などを持ち込んで

いざ出陣!

 

mn1.jpg

彼女たちのお宅は、それはそれはお洒落で素敵な豪邸♪

どこでどんな写真を撮ろうか相談して、
柔らかい陽射しが差し込むリビングとピアノルームで撮影することに。

モデルの二人のハッピーなオーラと、リラックスした自然な笑顔のおかげで
私が最初イメージして撮りたかった、温かくて優しい雰囲気の写真を撮ることができた気がします。

しかも二人とも美形なもんで、それもかなり写真にいい効果をもたらしてくれました(笑)

そんな二人の素敵な笑顔を載せたいところですが、
上の写真とこの次の写真、ふたつだけ公開!

n1.jpg

でもポートレートは難しいですなぁ。

カメラはやっぱり奥が深い。勉強することがたくさんです。

こんな素敵な機会を与えてくれてありがとう。
たくさん笑って、そして二人の幸せをおすそ分けしてもらって♪
とても楽しい時間でした。

新しい命誕生のニュース、待ってるよ~!

 

 

*************************

 

 

さて、カナダでは来週13日月曜日がThanksgivingで3連休なんですが
一足早い、Thanksgiving DinnerにPandaと一緒に行ってきました。

thanks giving1.jpg

 ▲Thanks Givingといえばターキー。

私が卒業したカレッジでは、去年政府支援によってスタートしたとあるプログラムがありまして。
母国で特別なスキル(医者や建築士、エンジニアなど)を持った人が、カナダでも同じ職で
すぐに活躍できるように支援するプログラムなのですが、そのプログラムの卒業生と
留学生としてカレッジを卒業した生徒が招待されたディナーでした。

実はこのプログラムとても画期的なのです。
母国で地位のある仕事をしていても、学位がカナダでは認められなかったり
英語力不足や文化の違いが大きすぎて同じ職に就けない移民も多い中、
このプログラムの果たす役割はとても大きいなぁーと。

カレッジを卒業して、いまはどんな風にここカルガリーで活躍しているかを一人一人スピーチして
『ありがとう』をシェアする素敵なディナー。

バブルなカルガリーだからなのか、みんな本当に大企業で
活躍している人ばかりで、正直びっくり!

私は一人のほほ~んとしたスピーチさらけだしてきましたが。
場違いだっただろうか。

thanks giving2.jpg

▲デザートももちろんいただく。

みんな色んなバックグラウントを背負ってカナダに来て、
第2言語で移民として頑張っているんだなぁーって、勇気をもらいました。
会場には、カレッジ時代に政府奨学金のやりとりでお世話になった
コーディネーターもきていて、久々に話に花が咲いてうれしい時間を過ごせました。

お天気がいいうちに!とカナディアンロッキーにも行ってきたので、
それは次回のエントリーで。

One of my friends, who like our photos and is giving a birth soon, asked me to take photos of her since she wants to keep her maternity figure as a memory.  We said if she doesn’t care that we are just armature photographers,   we are happy to do.  It was actually challenging for us to take portrait photos as we always take photos of scenery and foods.  To try our best, we studied books on how to take good portrait photos.  We decided what equipment to bring her house from what we learned  (lenses, filters and reflectors).

We hunted for good locations to take their photos.  We decided  her living room and a piano room which has warm and nice sunlight were the best.  Photos actually turned out better than we expected – I wanted to create heartwarming photos…. Their happy atmosphere and relaxed smiling helped us a lot.  In addition, their good looking faces also added to the photos 😛  I wish I could show you all the photos we took, but these two will have to do. (see photo 1 and photo 2 )  

 I appreciate we got the chance to take portrait photos.  I realized again that taking photos is so much fun and there are still a lot of things to learn.  I’m looking forward to seeing her baby soon.

 

On the other day, we went to a Thanksgiving dinner since I was invited from the college I finished.  They just have started an Alumni program last year and I was invited as an alumni of the international study department.  Halfway through the dinner, we had to introduce ourselves everybody, where we came from and how we are doing in Calgary after the school and shared the good time.  There were so many different people from different background – It was so interesting to hear their stories.   The happiest thing was I met the lady who took care of me a lot when I was at the college. 

Next entry will be about our recent Rockies trip.

 

   

8 Responses to “A Bit of Happiness”

  1. Tae Says:

    大きなお腹に、ご主人の腕と奥さんの腕が添えられて・・・
    Baby誕生を心待ちにしている様子が、如実に表現されていて素敵です♪

  2. チッピー Says:

    素敵な写真が撮れたね~☆ ほんわか幸せムードが伝わってくるよ♪

    新移民って、母国でのキャリアが認められなくて苦労することが多いから、そういうプログラムがあるのは画期的だね!

    Thanks givingのターキーおいしそうだ~!!

  3. aya Says:

    いい写真、撮れてるねー。
    モノクロのとってもいいね。

    確かに。新移民は大変だよね。
    母国で医者して、カナダでビル掃除をやってる人、母国で弁護士、カナダでナニーをしながら学生。
    そういう人にも会った事あるなー。そうしてでもカナダにいる方が平和で安全だ、って。
    みんな様々なバックグラウンドあるよねー。平和Japanで生まれ育つと想像も出来ないけど。
    そういうプログラム、必要だよね。とってもhelpになるよね。
    景気の良さもずっと続くわけではないからね、こういう時にチャンスを掴んで次のステップ、って思う人もいるだろうしねー。いい会だね、そういうの。ほんと。

  4. しおぽん Says:

    わぁ~~、更にお腹が大きくなってるぅぅ~!
    臨月だもんね。

    それにしても、ステキな写真!
    見てるだけで、シアワセがこちらにも伝わってくるよ。

    カレッジのプログラム、いいシステムだね。
    特殊な職種の中にはエアロビなんてきっとないだろうけど
    そんなのがあれば私もぜひ勉強したいです。

  5. Sの母 Says:

    いやぁ、素敵な写真ですわぁ。
    撮る人も大事だけど、やはり撮られる人が幸せって事が素敵な写真のスパイスでやんすかのぉ。

  6. Says:

    手しか写っていない写真も その上の二人の笑顔が浮んでくる。
    白黒の写真は、母なんだけど女でとってもキレイ。

    妻は自分のことを30代で、芸能人でもないのにこんなに大量の写真を撮られてるひとはいない。って思っているのだけど、反面潤ちゃんと二人の写真は 三脚でタイマーの写真ばっかりだから ぜひ 海&pandaちゃんに撮ってもらいたい!!!!!!!!!と思った。

    この日記を機に依頼殺到するよ!

  7. あろあろ Says:

    ポートレイトってほんとに難しいんですよねえ。
    すごくいいレンズがあっても「いい瞬間」みたいなものがなかったり、
    ものすごくいい瞬間があってもレンズが良くなかったり、
    人って動くんで両方良くてもブレていたり・・・
    けっこう「運」とか「タイミング」に左右される気がします。

    それでもすごーくキレイじゃないですか!
    特に1枚目が好きです~
    後ろのボケも光の加減もとっても良くて。
    二人の手が合わさっているのもあったかくていい感じです♪

    ところでこのお腹の出方は・・・男の子かな?

  8. みっちい Says:

    写真の勉強、これからも「生涯学習」として続けていけそうだね。
    っていうか、すでに立派な「写真家」です。
    被写体の”happiness”を引き出せるのは、UMIちゃんも”happy”って心からお祝いしているからだね。

    UMIちゃんも、移民としての苦労が多いと思うけど、
    がんばっているよね。っていうか、自然体でとてもステキだと思う。
    ご主人の愛のおかげだね。

Leave a Reply