平和な日々

February
24th

ずっと小春日和のカルガリー。

もしかしたらほんとにこのまま春になっちゃう気もするのだけれど。

あんまり期待するとすぐにカルガリーの天気に裏切られるので、ただただ気持ちのイイお天気を堪能中です。

金曜日は、先日縁があって親しくなった3つ年下の美人の方とケンジントン巡り。

最近カルガリーに到着したばかりの彼女とは、趣味の共通点が多い上に、その分野に対してカナダで夢を叶えようとしているわけで、その真っ直ぐな行動力に、心打たれ、刺激をたっぷりもらってきました。

自分がカルガリーに来た当初のことを思い出しちゃいました。

カナダにきてもうそろそろ丸3年。

毎日ワクワク楽しく過ごしたい、というのは自分自身のモットーでもあるのだけれど。

生活にも街にも慣れてしまい、毎日の生活に新鮮味がなくなっていた今日この頃だったわけです。

彼女とお話していて、一人で新しい環境に飛び込み自分の好きなことに向かって挑戦していこうとする意気込みや、毎日が新しいことでワクワクする気持ちや、目の輝きに触れ、

『こういう気持ち、忘れていたよなぁー。』とちょっぴり反省。

ここでは、自分のやる気さえあれば女性はいくつになっても新しいことに挑戦し、キャリアにつなげることができる。(日本に比べるとかなりハードルが低いと思う)。

私も長いスパンで自分が楽しんで向っていけるゴールを設定し直したい。

たくさんのパワーをもらっちゃいました。

cafe1.jpg

 ▲暖かい日だったというのに、カフェで暖炉の近くを陣取るふたり。
モーニングメニューのヨーグルトパフェをオーダー。
オーガニックにこだわっているカフェだけあって、
オートミール入り。

cafe2.jpg

▲ケンジントンにあるお気に入りのカフェ
Higher Ground』は、大きなソファでゆったりできて
天井も高くて、落ち着けるので大好き。

ゴール設定もなにも。

まず私がしなくちゃいけないことは、永住権申請を終わらせることだった(汗)。

先日義父から電話がきて、

『何?まだ書類終わってないのか?来週の水曜日にはカルガリー入りするので、そのときに書類を見せれるようにしておくんだぞ。』なんて言われたものだから、怠け者の二人は大慌てで書類書きしています。

ま、こうやって背中を押してくれる人がいないと、なかなかやる気にならないのでありがたく思うことにしよう。

だいぶ出来上がってきましたよ。

合間を見つけて納豆も仕込んだり、トマトソースをまとめて冷凍用に作ったり、ケーキやパンを焼いたりと相変わらず平和な毎日です。

soup.jpg

 ▲冷蔵庫の野菜一掃にはこれ、『野菜たっぷりミネストローネ』。

キャベツ、にんじん、たまねぎ、ソーセージ、ベーコン、トマトを煮込んだスープにマカロニを加え、最後にたっぷり削ったパルメザンチーズをパラパラと。

焼き立ての手作りフランスパンといただきます。

…って、またワイン飲む機会を作っただけとも言う。

soup2.jpg

▲先日買ったポーランドのハーブ入チーズを
たっぷり塗っていただきました。

おし。

気合入れて、明日は朝から出来立て納豆でも食べることにしよう。

8 Responses to “平和な日々”

  1. aki Says:

    「自分がやりたいことをやる」。
    かー。考えさせるわ。私も最近このテーマばかりを
    ぐるぐると考えているから。
    まあ、でも、yummyの場合は今のように
    お菓子つくって、ゆったりする時間も大事なんだと思うな~。
    人生長いからね。
    (と、人には言いつつ、自分の人生は焦ったり、バタバタしてるんだが笑)

    ワインは、ボジョレだね♪
    06年ということは新酒ではないよね。
    普通のヴィラージュかな?
    そちらでは1本いくらぐらいするのかな?教えて(笑)

  2. ハッタリ Says:

    そのヨーグルトパッフェ(パフェではなくパッフェね)がと~っても魅力的でございます。

    好きな事が出来るって色んな事が整っていないと中々出来なかったりするんですよね。
    簡単そうに見えて実は結構難しかったりもする。だからこそ、その状況にある時は
    全力で楽しむべきだと思いますね。
    私も王子がちょっぴり楽になってきたから、また自分の好きな事をする時間を作ろうと
    思うようになったよ。そして楽しんでおります。

  3. 水無月 Says:

    こんばんは。
    私のブログにご訪問ありがとうございました。
    生活に慣れてくるとゆとりが生まれますが、また退屈感も出てきたりするものですよね。
    私自身もそんな感じです。
    ちょっと目線を変えれる、そんなきっかけを作ってくれるお友達って大事ですね^^
    ミネストローネ、温まりそう!
    お野菜もたっぷりとれて魅力的です。

  4. UMI Says:

    >aki
    今の生活を楽しんでいる自分がいる反面、刺激が今ひとつ足りない気持ち
    なんだよね。脳みそが活性化されていないというか。
    でも、今はゆっくりしなさいって時期なのかなーって思って、自分を見つめたり
    のんびりを堪能してみるさ。
    ワインはボジョレの2006年。すごいさすが写真の見るところが違うなぁ。
    これは安物だよー。これでたしか14ドルだったかな。しかもカナダで初めて
    ボジョレを見たから買ってみたの。こっちではあまり見かけないのよー、なぜだ。
    こちらではワインは大体12ドルくらいからで、上は果てしなくあります。
    おいしく飲むなら20ドル以上かなーとも思ってるけど
    ついつい普段は15ドルあたりを手に取るかな。
    ヴィラージュってなんだー??ラベルと裏を読んだけど、そうは書いてなかった…。

    >ハッタリさん
    ううううう、深いです、ハッタリさま。そうなんです、環境がうまく整っていないと
    好きなことってできないもんなんですよね。言われて、その通りだと深く
    うなずきました。今はとにかくやりたいことができるような環境づくりをしつつも、
    自分磨きは忘れないようにしようと思います。
    ハッタリさんは自分の好きなことで手に技をつけられて
    ほんとに羨ましい。まずはカナダでの自分探しからですね、私の場合。

    >水無月さん
    訪問、ありがとうございます!
    ちょっとしたきっかけで、自分に刺激を与えてくれる存在って本当に
    ありがたいです。これから春を迎えることだし、新しいことに自分も
    チャレンジしてみたいなって思いました。

  5. Says:

    逆な話なんだけど、妻の考えは「大人なんだから、嫌いなこと、苦手なことはする必要なし」 子供は将来のことを考えて苦手なことも努力しないといけないけど、せっかく大人になったんだから、苦手なことはしなくていいよ。と思って、潤ちゃんに接している。潤ちゃんが苦手なことはなーんにもしなくていいよ。妻がやるから。って思っている。
    ただ、残念なことは 妻がやりたい! ということって昔からほとんどなくて、我が家でもよくそのことがテーマになっていて、妻がやりたいことが何か見つかるといいねー、と話しつつも見つからず、やらなくちゃいけないことをやって、空き時間はテレビをみておしまい。

  6. UMI Says:

    >妻
    いい妻だなぁー。
    潤ちゃんは幸せいっぱいだね。
    妻の『これやりたい!』って強く言っているのってそういえば聞いたことないかも。
    オシャレとか美容関係、あとはテレビの芸能人とかに夢中になっていたのは
    覚えているなぁ(笑)

  7. eru Says:

    パン焼いていますねー!!
    クッキーもおいしそうだったけど、フランスパンもおいしそう!!

    今日は真似してショートパスタ入れたスープにします!!

    UMIさんも私の背中を押しました(笑)
    みんなそうやってちょっと手助けされながら、いい影響受けながら
    過ごせたらいいですね。

    UMIさんの影響でラーメン食べに行った人もいますしねー!!
    私も食べたかったー。

  8. UMI Says:

    >eruサン
    本当は成型すればいいんでしょうが、めんどうなので
    『フランスパンコース』で焼きあがりまでHBにお任せしちゃってます(笑)

    そうですよね、ブログで通じる方たちからも、たくさんの知恵やがんばる気持ちを
    もらってます☆
    次回札幌に帰る際には、eruサンもラーメンご一緒してくださいましっ!!

Leave a Reply