ヒトリを楽しむ@Japan~友人との時間編vol.1

September
5th

一人で帰国してから相方Pandaが来日するまでの1ヶ月。実は私は、実家の部屋の大掃除に明け暮れていました。

本来1年の留学で帰国し札幌にて働く予定だった私は、一人暮らししていた際の家具・食器・本類、仕事の書類、はたまた小学校からの思い出の品々などはすべて実家に置きっぱなしになっていたのであります。

んが、急遽予定が変わったわけで。

えっさほいさと、それらの整理に追われていました。ありゃだめね。卒業文集とか交換日記とか読み出したら止まらんもん。

これでは引きこもりになってしまうーー、ということで。

学生時代の友人達と会いつつ、息抜きしていました☆

久々に友人達と会い、おいしいものを食べながらお喋りする時間は、そりゃ~楽しい時間でありました。

buddybuddy.jpg

まずは、大学時代に家庭教師していた6つ年下のYチャンとディナー。

最初に出会ったのは彼女が中学生の時だったというのに、いつの間にやら一緒にお酒が飲めるほど月日は経過したんであります(笑)。

高校・大学と私と同じ学校を歩み、そして私がカナダに居る間に立派な企業へ就職もして、いまやすっかり綺麗なお姉サン。

いまだに『先生』と呼ばれるのは、ちょぴりこちょばしいカンジっす。

会えばいつもの恋愛話。

彼女の悩みが自分が同じ年齢だった頃と重なって、しみじみしちゃいました。

一軒目は、『もつ鍋 博多めし 男前』(札幌市中央区北2西2 MIZUHOビル2F)にて、おいしーーいもつ鍋を突きながらビールをグイグイいきまして。

その後は、創成川沿いにあるBuddy Buddy(札幌市北区北2条東1丁目)へ移動。

buddy1.jpg

Buddy Buddyは、札幌で働いていた頃たまにお邪魔していました。

アメリカ南部を再現したバーでいろんな種類のビールやお酒が楽しめます。

ビリヤードもできるし、たまにブルースの生演奏もしていて。日本っぽくない飲み屋さん。

ちょうど行った時も生演奏を楽しむことができ、いい時間を過ごすことができました。

 

 

高校時代の友人SとMとは、おいしいお蕎麦のお店『松の實』(札幌市中央区南1西7)でランチを。ここは、まさしくMが店舗デザインしたお店。 ※彼女のお仕事サイトをデザインした時のお話はこちら。

友人S とMの二人は私から見て、すんごぉーいキャリアウーマンであります。二人とも私には真似できない立派さなのよ。

しかもプレゼントまで用意してくれてご馳走までしてくれて、おいら感激。本当にありがとう。

食べ物もね、感激したのであります。

dashimaki.jpg

▲おいらの大好物、出汁巻たまごチャン。

カナダの卵は、黄身の黄色がすごく薄くてこんなに綺麗な黄色にならないのだー。お口の中でふんわり広がる出汁の味。日本に帰ってきた喜びを噛み締めた一瞬であります。

soba.jpg

▲迷った挙句に『鴨なんばん』をチョイス。

お食事の後に、羊羹が出てくるところも泣かせるこのお蕎麦屋さん。すてきな空間でゆっくりお蕎麦を味わえるのでオススメ。

その後Sは仕事に戻ったのだけれど、Mとはお茶をしに『Fruitscake Factory』の円山店(札幌市中央区南3条西24丁目3-19)へ。

fruitscakefactory.jpg

▲ここのフルーツタルトは犯罪だよね。
たくさん種類ありすぎて迷うし、おいしすぎだもん。

ここは後にうちの相方Pandaのお気に入りとなるお店であります。

季節のフルーツをたっぷり贅沢に使ったタルトは、全部制覇したくなっちゃう。Mとは仕事や高校時代の友人達の近況報告をしつつ、のんびりケーキを楽しみました。

 

 

そして大学時代の友人YチャンとHとフレンチなランチも楽しみました。

行ったのは住宅街にひっそりとあるフレンチレストラン『虫狩(ムシカリ)』(中央区南15条西18丁目3-12)。札幌パークホテルで料理長をされていた虫狩さんが2年前に開いたお店だそうで。落ち着いていて、品のあるレストランです。

french.jpg

 ▲前菜。彩りが美しいね~。

会えば大学時代にすっかり戻ってしまう私たち。おばかな話をたくさんしつつのランチタイムでした。

実は私、あんまりフランス料理って得意ではないのだけれど。(理由は、量が少なくて上品すぎるから…)
ここのお店は本当においしくってですね。お店のスタッフの方もサービスがとても上手で、また来たいと思わせるほどでありました。デザートも5つくらいから選べることができますよー。

 

 

って、あれ?

前回の『さんまの蒲焼』ネタからつなげるはずだったのに、随分長くなっちゃって。しかもグルメ日記みたいになっちゃってるし。

えーーーっと。『友人との時間編』は次回に続きマース。

11 Responses to “ヒトリを楽しむ@Japan~友人との時間編vol.1”

  1. maruko Says:

    いいねぇ。
    楽しくておいしそうな物がたくさん・・・
    わたしの札幌時代は、学生だったせいもあり、
    オシャレな店も行かず(知らず)、そういう楽しみがなかったのよ~
    ひさの結婚式で10年ぶりに訪れたときの、札幌の変貌ぶりには驚いたけど
    今度はわたしの相方も連れて訪れたいんだ!

  2. Says:

    札幌は高校までの知識だからぜーんぜんおいしいお店がわからないー。今はおしゃれで、おいしい御店が沢山あるのねー。バー気になったわー
    続々と日記楽しみにしてまーす。

  3. kome Says:

    うわー全てが美味しそう。特に出汁巻卵!札幌っておしゃれなレストランが一杯あるんですね。
    そういえばカナダの卵って色薄かったかも。日本の卵って安いし、美味しいですよね。生でも食べられるし。
    (カナダで卵かけごはんしたことありますが、キケンだって後から聞きました)

  4. aki Says:

    umiの札幌おいしいお店情報、ひさしぶりでうれしいね~。
    だし巻き卵は難しいよね。
    最近、おいしいお店の店主にコツを教えて貰ったので
    近いうちにつくろうと思って。

    おっと、そのコツはまた今度(笑)。

  5. UMI Says:

    >maruko
    10年ぶりの札幌だったのかー。そりゃ、驚くかもっ!わたし2年いなかっただけで
    いろんなもの変わってたもの~。
    札幌は大きすぎず小さすぎず清潔だし、
    山も川も海も近くって、やっぱり大好きな街なんだ。
    ぜひ旦那さんと一緒に回ってね。

    >妻
    そうだねー、街よりもちょっとはずれたところにイイお店があったり
    するんだよね。帰札したときには試してみてネ☆

  6. UMI Says:

    >komeサン
    出汁巻き卵ってたまんないっすよね~。酒のつまみとしてもいいし。うふふ。
    そうなんですよ、欧米ではあまり生で卵を食べる習慣はないらしく、
    さらにサルモネラ菌が危険ということですよ。
    今日も元気に生卵と納豆で朝食な私でした。

    >aki
    なぜか食べるものエントリーが多いのよね、おいら。
    出汁巻き作るの難しいよねー。
    コツ気になる~、教えてちょ。

  7. もといちゃん Says:

    おかえりなさい。
    そしておめでとう!

    先日、書き込みしたつもりでいたら、失敗してたみたいで、汗!

    実は、今年の映画祭では、ポーランド特集のショートをやるので、お知らせでした。

    気が向いら、是非、チェックしてくださいな!

  8. もといちゃん Says:

    なんだか、ちょっとアワアワしてたみたいっす。。。
    ちゃんとコメント残ってましたね。

    ポーランドショート、東宝プラザの方は会場にいると思います。

    よろしくねぇ~。

  9. UMI Says:

    >もといちゃんサマ
    ちょっとアワアワしていたんですね(笑)、大丈夫です!コメントいただいておりました。
    ではでは東宝プラザにお伺いしますネ、久々にお会いできるのを
    楽しみにしています。

  10. くみこ Says:

    わたし日本にいたのに札幌には2年以上帰ってないの(笑)
    いろいろ新しいお店も増えているみたいだねー。あ、Fruitcake Factoryは知ってる。確かに目移りするね・・・
    Mちゃんデザインのお店いってみたいわ。

  11. UMI Says:

    >くみこサン
    そっかー、札幌には里帰り2年以上していないのネ。2年離れると随分違うよ!
    街の中も結構変わっていてびっくり。
    Mデザインのお蕎麦屋さんは、東急ハンズの近くだよ。ぜひ次回里帰りしたときには!

Leave a Reply