Archive for September, 2007

到着です

Friday, September 28th, 2007

札幌の自宅を朝5時過ぎに出て、およそ24時間後にポーランドの家へとたどり着きました。長かった~(泣)

on the way.jpg

▲機内からフィンランドを見下ろす、の図。

今回は、

札幌JAL名古屋フィンランド航空ヘルシンキ(フィンランド)フィンランド航空ベルリン(ドイツ)ジェボヴォ(ポーランド)

といった経由で到着しました。

フィンランド航空、噂には聞いていたのですが機内食も機内設備&サービスもとっても良かったです。JALの国際便と同じく、ひとりひとりにスクリーンがついているのですが、映画の種類も30種類くらいあって豊富だし、ドラマやアニメまで選べて寝る間が惜しいくらい。また利用したいなぁ~、と思わせるほどでした。

それにしても、映画『かもめ食堂』の影響なのか、名古屋からヘルシンキ行きは日本人の観光客で満席!東京からのフライトも毎日運行になるとかで(名古屋からは週4本)、びっくりしました。映画は私も日本滞在中にしっかり観ましたヨ、その話はまた今度。

朝早かった上に、名古屋で食事を取っている時間もなかったために空腹で機内に乗り込んだのですが、機内食のおいしいこと☆

meal.jpg

▲まさか豚の角煮が出てくるとは!
赤ワインと一緒にいただきました。

そして、ヘルシンキの空港で私が会いたかったのが、この人。

moomin.jpg
▲巨大スナフキン(笑)
空港にも、ちゃーんとムーミンショップがありました。

そう、フィンランドはムーミンの国なんであります。

moomin2.jpg

▲いたるところに、ムーミングッズが♪

写真を撮っていると、『何やってんの、この日本人?』というような視線を感じるのだけど、ついつい写真を撮ってしまう私。

 

Marimekko.jpgその他にも、フィンランドといえばMarimekkoでしょ☆

マリメッコは世界的に知られるフィンランドのテキスタイル(布地やインテリアに使われる図案)メーカー。この柄を見たことある方も多いはず。

日本語的に『マリメッコ』ってかわいいけれど、フィンランド語で『マリーちゃんのためのドレス』という意味だそうな。

Marimekkoのバックがかわいくてかわいくて、買おうかかなり悩みました。

北欧デザインは、家具にしても食器にしても、シンプルなんだけれども質が高くてかわいいのが多い。空港でウィンドーショッピングを楽しんでまいりました。

いろいろ買いたかったんだけどさ、買ってないよ。ユーロ高いんだもーん。スーツケースも満杯だもーん(涙)。

 

 

そして、無事ベルリン空港に到着すると、相方Panda&仕事仲間がドライブ係として待っていてくれました。

bear.jpg

▲相方の手には、なぜか熊。

『空港で出迎え用にお花買おうと思ったんだけど売ってなくてさ。かわいい熊で許してね。』って。

久々の再会にほっこり気分になったのでありました。

時差ボケもそんなにひどくなく、せっせと荷物整理をしております。日々の生活については、これからゆっくり更新していきまーす。

いってきます

Monday, September 24th, 2007

あと数時間後に出発です。朝一番の飛行機でごじゃいます。

なんだか余裕余裕と思っていたのに、いざ準備しだしたら時間があまり足りませんでした。ううう。

今回の3ヵ月半の日本滞在は振り返ればあっという間だったけれど。家族とゆっくりする時間がたっぷりで良かったです。ずいぶん長居しちゃいました。

札幌の友人達、楽しい時間をみんなどうもありがとう~!

んじゃ、次はポーランドからです。

そろそろカウントダウン

Tuesday, September 18th, 2007

一足先に相方Pandaがカルガリーを発ち、ポーランドへ向かいました。

私は一週間後25日に旅立ちます。あと一週間かぁー。

もう大きな荷物も送ったし、スーツケースもパッキング済みなのであんまり慌しくはないけれど、あとは知人に挨拶しに行ったり、国際免許証を申請しに行ったり、母と1泊温泉とか、そんな感じかな。

poster07_s.jpgポーランドといえば、昨日はサッポロショートフェスタ(札幌国際短編映画祭)にて、ポーランド特集を見てきました。

「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督の初期の作品なども含め1967年の古いショートムービーから、最新のショートムービーまで計7本。すべてポーランドの作品。

社会主義時代の映画は特に、本当に暗さと貧困さがにじみ出るようなムービーで、ど~~んと暗くなりました。でも、映画の世界で見た上で、リアルにその土地に行って感じることを感じたいな、と前向きに思うのであります。

さらには知人の紹介により、今回のポーランド特集を実現するきっかけになったという、ポーランド国立映画学校で学んでいるI氏さんともお話することができました。これでポーランドでの日本人の知り合い一人ゲットです(笑)

会場では、以前一緒にお仕事した面々とも会うことができ、嬉しかったっす☆ありがとうございました。ショートショートフィルムフェスティバルの時から、ショートフィルムは大好きです。短いムービーだからこそ、そこに込められているメッセージ性が高く、カメラワークもユニーク。2時間の映画ももちろんいいけれど、飽きずに刺激のある時間が送れるのがショートフィルムのいいところかな、と。

さて一週間後にはポーランドなわけですが。そこでは、ポーランドでの生活はもちろんのこと、相方との日本での思い出を綴っていく予定でいます。

で、今のところは相変わらず一人で楽しむ日本編。

今日は、『ヒトリを楽しむ@Japan~家族と一緒編vol.2』ですよ。

******************************************************

6月日本に帰国してすぐ、母の誕生日と『父の日』を一緒にお祝いするべく、おうちでパーティを開きました。父の親友もご招待し、姉家族も含めて。

前日から、姉とお花を買ってアレンジして飾りつけです。

flower1.jpg

▲テーブル用。自分でアレンジするのは、やっぱり楽しいだすなぁ。
これはこのまま母にプレゼント。

flower2.jpg

▲こちらはリビング用です。
ちょうど白い桜の小枝が売っていたので黄色い百合とあわせました。
花器は私が一人暮らししていた際に使っていたもの。
でっかい花器って一つあると、すごい便利だよね。

料理は姉と私で多国籍に作り上げ、何品できただろう?もの凄い量でした。こういう時、あー女姉妹っつーのはいいもんだなぁ~って思います。

残念ながら、忙しすぎて写真撮る暇なし~!なのですが、最後の〆で食べた、『ネギトロ&おくら&納豆の小丼』のみ写真があります。

sime.jpg

▲みんな程よく酔っ払っていたので、
お番茶をかけて、お茶漬け風でいただきました。

 

久々に家族集合写真もバシャバシャ撮り、なんともいい一日でありました。

******************************************************

そして、つい最近の話でもう一つ。

父方の叔母達3名が、婚約祝いを持って家へ来てくださいました。(←使い慣れない敬語。)

い、いや、まだ式も籍も入れてませんが…

と言ったのだけれど、なにせ海外へ行ったらいつあげていいかわからないし、ということでして。

いやお正月帰ってくる予定ですぅー…と小声で言ったにも関わらず。

にて。

こちらはランチを作って接待となったわけでございます。

aunts visiting.jpg

▲『かぼちゃの冷製スープ』と『実入りのサッパリ梅ジュース』は母のお手製であります。
それ以外は、なんとかおいらが作ってみました。

カナダでホームステイしていたときのホストママが良く作ってくれた、『クリームチーズとスモークサーモンのベーグル』とか。

相方ママの十八番である、『ホワイトソーセージのトマト煮込み』とか。

あとは、『海老とアボガドとトマトとパクチーのサラダ』に『巻寿司3種』。

このブログを見ていてくれた方なら、どっかで見たものばっかりの品々。うーむ、まだまだレパートリーに難あり。

こうやっておもてなしするのが好きなので、準備は楽しかった。もっと要領よくなろうー。オー!